2019年9月16日 (月)

ホンズナシ

私の住んでいる岩手県北部(青森県南も同様)では、「ホンズとは」頭の記憶能力、知能を意味している。

例えば買い物を頼まれて、間違ったものを買ってきた場合などに「ホンズナス!」と言ってしかられたりする。

「ホンズナス」の”ナス”は、「無し」が訛ったものだ。

それでは「ホンズ」の語源は何であろうか?。

元々は、京都で使われていた言葉で「本地」である。

本地とは、「本性・本心・正気」を意味しているようだ。

「酔いてもほんぢを忘れず」と古典にも登場する。

そう言えば酒を飲んで意識が無いことも「ホンズ」を落とすと使ったりもする。

続 き

Hakuchizu_20190914122201

2019年9月15日 (日)

新蕎麦

夏に収穫した蕎麦の実で作った新蕎麦をいただきました。

秋の蕎麦とは違った美味さがあります。

蕎麦は、うまく栽培すれば年に二回収穫できます。

意外にビジネスになるかもしれませんね。

蕎麦の文化を広めて、蕎麦の消費拡大を図りたいですね。

水不足の豪州で栽培を奨励すれば、地球温暖化対策にもなりそうです。

カシオペア歴史研究所

Imgp7128

2019年9月14日 (土)

ぐい呑み

布袋型のぐい飲みが嫁ぎます。

どんどん使ってほしいです。

酒器だけでなく、向付の代わりに使ってほしいです。

あると意外に便利な器です。

100均ショップで、いろんな器が100円で売られていますが、果たしてそれでいいのかと思う特があります。

生産者と労働者の犠牲での価格です。

若手塗師よ、グローバリズムに負けるな!

https://airinjuku.jp/

His_18_20190914120501

 

川連

 心惹かれる漆器に川連があります。古い技法が残っている地域でもあります。鎌倉時代(1193年)、源頼朝の家人で稲庭城主の小野寺重道の弟、道矩公が、家臣に鞘、弓、鎧などの武具に漆を塗らせたのが始まりとされています。本格的に漆器産業が始まったのは17世紀中頃、元和(1615年)から元禄にかけてであり、川連村を中心におよそ26戸が椀師業を営んだと伝わります。

 名前は忘れましたが、湯沢地方に古い天台寺院があり、それとの関連で漆器産業が発達したという記事を読んだ記憶もあります。文化12年(1815年)、藩の許可を得て朱塗りの漆器をつくり販路を他国にひらき、江戸時代後期には藩の保護政策で発展します。

 椀、膳、重箱など幅広い漆器がつくられるようになり、沈金、蒔絵などの飾りが加わって、産業基盤をさらに大きく築きました。近年は新製品開発など、販路の拡大によって多種企業との連携で全国展開を試みています。

 個人的には、秀衡椀の産地だった可能性があると考えています。

https://airinjuku.jp/

Img_0_20190908104701

 

2019年9月13日 (金)

三大ミート

二戸地方の特産、鶏、牛、豚肉。

三大ミートとして売りだしています。

ぜひ食べてみて下さい。

鶏は日本でも有数の産地ですよ。

雇用もたくさん生まれていますが、従業者不足で難儀しているという話もあります。

難しい問題ですかね。

https://airinjuku.jp/

His_18_20190913164501

PANTHER (パンサー) 新クロスバイク shimano外装7段変速 適応身長150cm以上 フロントハブクイックリリース搭載 アジャスタブルステム 厚手クッションサドル Vブレーキ コスパ最強モデル メーカー1年間保証 (WHITEホワイト×ORANGEオレンジ)

漆芸は日本発祥

 日本民藝館創設者の柳宗悦(1889-1961)は、高価で限られた人々 にのみ用いられる蒔絵よりも、実用を旨とし広く民間で用いられた漆工芸に 美しさを見出した。浄法寺の漆器にも魅了され、なかでも朱か黒かあるいは色漆を用いて直に模様を描 いた「漆 うるしえ 絵」は「蒔絵に比べて下の品だが、絵の自由さにおいて上をいく」 と高く評価し、吉祥文や草花文を活々と描いた椀や盆、酒器などを数多く蒐集している。

 秀衡椀という呼名は奥州平泉の藤原秀衡に因み後世つけられたものであり、産地等は詳らか になっていない。いずれも時代は桃山-江戸初期に上り、朱漆と切箔による 模様が特徴で豊かな形をもつ名椀と称賛されている。

 また、現在も生漆の産 地として知られる浄法寺で庶民向けに作られたのが、堅牢で自由な絵付けの浄法寺椀である。「漆絵」には、他にも東北地方で「酒上」と呼ばれた片口型の酒器や、神 前に酒を供えるための瓶子、黒地に朱漆で素朴な図柄を描いた盆、松竹梅や 鶴亀などの吉祥文様を描き嫁入り道具として用いた蓬莱箱などがあり、どの 模様も工芸的な魅力を呈している。

 この浄法寺ほかの漆器は北海道に渡りアイヌの人々を魅了した。アイヌは、交易によって得た漆器を宝物として大切に保管したことでも知られている。漆によって彩色された儀礼用の祭器である捧酒箸(イ クパスイ)は見事である。

 浄法寺の旧家の言い伝えで、屋号を「板木屋」といったことが伝わっている。板木は、もしかすると「イタンキ」から発生した屋号かもしれない。イタンキはアイヌが漆器を呼ぶ際に用いる言葉のようだ。神聖なものという意味もあるらしい。

 そういえば、世界でもっとも古い漆の遺跡は北海道から出土している。一般的には漆芸はチャイナ発祥を唱える人が多い。しかし、東北北海道の開発が進むに連れて考古学の常識が覆っている。漆芸は日本発祥でもおかしくない。縄文人が海の向こうに輸出した技術だと考えると楽しい。

https://airinjuku.jp/

Pasuy_urus

 

 

2019年9月12日 (木)

道具

東京のギャラリーから漆掻き道具を欲しいとの問い合わせありました。

残念ながら、鍛冶職人の関係で昔ながらの道具は入手困難です。

現在の技術にあわせた新しい道具なら入手できます。

今に伝わる道具は越前型で、江戸期のものとは異なるようです。

当時の絵を見ると、片刃の包丁のようなもので掻き取っています。

チャイナの技法に近いのかもしれません。

いつの間にか、古い技法が廃れたのは残念です。

それだけ越前の技術が優れていたということなんでしょうね。

https://airinjuku.jp/

3762grxyjxp84

 

2019年9月11日 (水)

煤絵

浄法寺の古い漆器には時々驚く技法が用いられることを発見します。

現物は、売られてしまって残っていませんが、煤文様の器です。

漆を塗ったばかりの器を、蝋燭の炎にかざして文様をつけるんだそうです。

何度か試してみましたが、ほとんどが失敗します。

西洋蝋燭より、和蝋燭の方が文様がきれいに出ます。

ともかく、先人の技術には驚きます。

https://airinjuku.jp/

Img_0_20190908111701

2019年9月10日 (火)

ハスカップカレー

北海道の知り合いが送ってくれると言ったハスカップカレーです。

どんな味がするのか楽しみです。

箱も興味があります。

紙もの収集家としては、食べることとは別の楽しみがあります。

レトルトカレーだけ食べさせるカレー店も面白いと思っています。

https://airinjuku.jp/

Hakuchizu_20190910204601

おやつ

ちょっとお腹がすいたのでコッペパンをおやつにいただいています。

40年前は70円ぐらいだった気がしますが、今は120円。

物価上昇分ほど値上がりはしていません。

地元の味として残したいものです。

https://airinjuku.jp/

Img_0_20190908111101

 

«平泉