2021年11月25日 (木)

古漆器展示館は夢か?

いつかは作りたいと思っていた古漆器展示館。

浄法寺にあってこそ、その価値が高まると思います。

個人の主観と言われそうですが、本気でそう思っています。

その構想をどうやって実現するか、、妙案はありません。

建物と場所はあるのであと一歩のような気もしています。

問題は維持経費をどうやって捻出するかです。

悩みます!

https://airinjuku.web.fc2.com/

Joboji141

 <

/p>

2021年11月23日 (火)

漆の実を採取

漆の実を採取したら、けっこうな量になりました。

実は発芽に挑戦し、一部はワックスとして使います。

オブジェとしても使い道がありそうです。

使い道があれば、掻き終わった木も利用できます。

興味のある方はお問い合わせください。

http://airinjuku.web.fc2.com/

Rimg0138

 

2021年11月19日 (金)

追悼 瀬戸内寂聴尼

元天台寺住職の瀬戸内寂聴さんが令和3年11月9日に亡くなりました。

ウイキペディアによれば、「瀬戸内 寂聴は、日本の小説家、天台宗の尼僧。本名:瀬戸内 晴美。 僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士。元天台寺住職、同名誉住職。元比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民、京都市名誉市民、二戸市名誉市民。
作家としての代表作は、『夏の終り』『花に問え』『場所』など多数。1988年以降は『源氏物語』に関連する著作が多く、新潮同人雑誌賞を皮切りに、女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞などを受賞した。 大正から令和まで四世代を生きた作家でもある。」と紹介されています。

生涯に三度ほど対面で言葉を交わす機会に恵まれました。

その生き様には共感できない部分がありますが、浄法寺町や二戸市に対する貢献は多大です。

どのように瀬戸内寂聴さんが二戸地方に関わったかを、後世に伝えながら、地元の人々が上手に、言葉を換えれば「瀬戸内寂聴」を利用できるかが重要だと思います。

西暦2028年は天台寺1300年祭ですので、そのときまで生きていて欲しかったです。

 Image

http://airinjuku.web.fc2.com/

 

 

2021年7月 2日 (金)

カジカ

江戸時代の延亨元年(1744)に書かれた記録によると、二戸地方の特産に「加志可魚」があります。

加志可魚とはカジカのことで、「福岡馬淵川の産大なり。中津川の産、骨和かに肥えて可なり、北上川は骨剛く痩せて風味よろしからず。」と書かれています。(*どちらも南部藩内の地名です)

現在の馬淵川のカジカはどうなのかわかりませんが、昭和40年代はたくさん生息していました。

夏ともなれば、朝から川に入りカジカを捕まえたものです。

多い時で50匹ぐらいをを捕まえました。

河原で火をおこし焼いて食べるのが楽しかったです。

近所のおばあさんが、三匹で100円ぐらいで買ってくれたものです。

いっぱい持っていくと、カジカを出汁にして「ひっつみ」を作ってくれました。

今となっては遠い昔話になってしまいました。

カジカを二戸の特産品にとも考えていますが、資金も時間もありません。

通販でカジカを購入し、「ひっつみ」を作ってみようかと思います。

187265613_3952273184855944_1728870598241

 

2021年6月25日 (金)

岩見沢ジンギスカン

コロナ禍が終息したら、どうしても食べたい岩見沢のジンギスカン。

その美味しそうな画像が出てきました。

そろそろ数年ぶりに食べたくなりました。

秋には岩見沢に行きたいと思っていますが、流行り病の終息次第ですね。

美味いものを食べて元気を出しましょう!

https://airinjuku.jp/

3rd49

2021年6月21日 (月)

こぶくら

漆の里浄法寺地方では、濁酒を飲む器を「こぶくら」といいます。

その「こぶくら」を復刻してみました。

蕎麦猪口としても使えそうです。

通常価格は7000円ですが、今回は5000円で提供させていただきます。

送料は普通郵便500円。

大きさは径8.5cm、高さ8.3cmぐらいです。

古漆器展示館の開設費用としたいと思います。

ご協力いただければ幸いです。

https://airinjuku.jp/collectitn/collection-top.html

Iimg1200x90015955737988uftxe18807

 

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

2021年6月 4日 (金)

古漆器展示館

昨年の予定では6月ごろから展示館を整備するつもりでした。

しかし、ほかの事業に集中しなければならず、手を付けていません。

どなたか興味のある方はいませんか。

漆文化を発信する施設を、二戸市当局も期待しているようです。

収集品を生かしたいです。

 Rimg0042_20201103171530b49

2021年6月 3日 (木)

枝豆の種

5年以上仕舞忘れていた枝豆の種。

一応土に蒔いてみました。

無事に発芽することを祈っています。

どいう使い方をされたかどうかわかりませんが、時々漆の付着した大豆が出てきます。

明治以前のものと推定されています。

実物を見つけたら画像を公開します。

Cimg1111

 

2021年6月 2日 (水)

古漆器展示館

いつかは作ろうと思っていた古漆器の展示館。

浄法寺にあってほしい場所です。

古漆器も40年近く集めました。

ですが、ほかのやることが多すぎて手が回りません。

どなたかやってみたいという方はいませんでしょうか。

場所と漆器はお貸しします。

手を挙げてくれる方がいればうれしいです。

https://airinjuku.jp/joboji/joboji-top.html

Joboji136

漆木

漆の木が欲しいということで、掻き終わったものを手配しました。

基本的には被れませんが、100%安全とは言い切れません。

ですが、庭先なんかに並べると風情があります。

欲しい方は予約をお願いします。

価格は、別途お知らせします。

基本的に二戸市浄法寺町まで引き取りに来てください。

運賃が高くなりますが発送も可能です。

https://airinjuku.jp/

187997096_3955413237875272_5351987354333

 

«古漆器救出