« 浄法寺漆の蜂蜜 | トップページ | チューインガム »

2017年9月16日 (土)

昭和2年の証言 水原茂

昭和2年の福中野球部は、優勝した高松商業と接戦を演じた。

この試合で、史上初の敬遠満塁策を成功させ飛田穂洲から絶賛された。

9回裏高松商業の攻撃、先頭打者が中堅失策で無死二塁。

次打者が送りバントで一死三塁。

ここで福岡バッテリーは敬遠満塁作を選択。

「サヨナラ負けなら2点入っても同じなので、満塁にした方が守りやすい」という秘策である。

投手の戸来が2人連続して敬遠すると、これまでこのような策を見たことがなかった観客はどよめいた。

次の打者に対し、捕手の村田は2球目をウエストさせてスクイズを外し、飛び出した三塁ランナー(後に巨人で活躍する水原茂)を刺して2死。

そのまま打者を三振に打ち取り、ピンチを切り抜けた。三本間で挟殺という結果となったため、封殺もしくは併殺を狙う満塁策そのものは活きていないが、これが甲子園初の満塁策とされている。


https://www.youtube.com/watch?v=MIeIyq1xZVQ

H


GMOとくとくBBのドコモ光「速度の秘密」

« 浄法寺漆の蜂蜜 | トップページ | チューインガム »

陣場台熱球録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和2年の証言 水原茂:

« 浄法寺漆の蜂蜜 | トップページ | チューインガム »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31