« 漆の大木 | トップページ | ホッケ »

2017年9月 2日 (土)

陣場台熱球録 15

大正14年(1925)の第11回大会では、参加校の激増と地理的な関係上東北大会から青森、秋田、山形を分離し奥羽大会を新設した。

東北大会は岩手、宮城、福島で争われ、東京朝日新聞の主催、二高後援で8月3日から9日まで仙台市の東北体協球場で行われた。

東北大会参加校は19校で、福中野球部は東北大会ベスト4に進出し「福中強し」との声を聞くようなった。

ベスト4進出の立役者、中津川昇二と小坂国夫のバッテリーは、関東以北最大のバッテリーと噂され一躍優勝候補と目されたが、経験の差とでもいうべきか準決勝で盛岡中学に2-5で敗れた。

前年秋に行われた盛岡中学との練習試合に開校以来初めて勝利し、今度こそは勝てるという思いで盛岡中学に挑んだが跳ね返された。しかし将来に希望を抱くベスト4進出であった。

大正15年の第12回大会は7月27日から福島高商球場で18校の参加で行われた。

◎一回戦は不戦勝

◎二回戦 3-2仙台二中(投手・戸来・捕手・村田)

◎三回戦 16-1盛岡商業 7回コールド (投手・戸来 捕手・村田)

◎準決勝 2-1福島商業 延長12回 (投手・戸来 捕手・村田)

◎決勝  1-3盛岡中学

準決勝は8月3日に行われた。福島商業と延長12回の死闘を演じて勝利。

この勢いで盛岡との決勝戦に勝利しようと、意気高揚、一通りの注意と作戦を終わり早めに睡眠した。

明けて8月4日午後1時、山岡球審の宣告で試合が始まった。先攻は福中。初回から福中打線は盛岡中学の山田投手に襲いかかり、4回までに3点を挙げた。

しかし、2回ころから空模様がおかしくなった。3回頃から小雨が降り出し5回に入ろうとした時に大雨となり、30分の中断の後ノーゲームが宣告された。

決勝再試合は8月5日に行われた。決勝戦の試合経過は、両軍3回まで好守し得点なし。

盛岡は4回、福岡の戸来投手から4連続四球を選んで先制。

福岡は5回、1安打と相手エラーで1点をあげ追いついた。

盛岡は7回、2つの四球と福岡のエラーで1点、続く4番打者の右越安打でさらに1点をあげる。

福岡の8回、9回の反撃もむなしく1-3の惜敗となる。

選手は試合が終わるとグランドに座り込み泣き続けた。

昆監督や安達部長が選手をなだめ、やっと宿舎に帰った。

http://www.airinjuku.com/index.html

0152




« 漆の大木 | トップページ | ホッケ »

陣場台熱球録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陣場台熱球録 15:

« 漆の大木 | トップページ | ホッケ »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31