« 仙台の花 | トップページ | 拉致 »

2017年9月17日 (日)

陣場台熱球録 18 明大の知将天知俊一

 福中のエース投手として活躍した中津川昇二選手は、大正15年(1926)3月に福中を卒業後、明治大学に進学し野球部に席を置いていた。

 7月には後輩のコーチとして福中にやって来ることになっていたが、急用で果たせなくなった。

 そこで明治大学の先輩である天知俊一氏に事情を話したところ、快く福中のコーチ役を引き受けてくれることになった。

 福中の昆徳治監督は、練習試合から選手全員の長短所を見て貰いたいとの考えから7月4日に盛岡中学との練習試合を組んだ。

 そして、天知氏には4日の朝に盛岡に着くようにお願いした。
 
 練習前のミーティングから戦法まで天知氏の指導で試合に挑んだ。試合は0-1で惜敗したが、試合の運び方、選手に対する采配などベンチの重要さを再認識させられた。 続く

018


« 仙台の花 | トップページ | 拉致 »

陣場台熱球録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陣場台熱球録 18 明大の知将天知俊一:

« 仙台の花 | トップページ | 拉致 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31