« タマゴパン | トップページ | 片口 不思議な紋様 »

2017年10月 5日 (木)

今の若者が日本の姿を取り戻してくれる

首相の靖国参拝が批判されるようになったのはわりと最近です。

「朝日新聞」の批判記事から始まっやような気がします。

慰安婦問題といい、たかだが一新聞社の記事がここまで国益を損なうのだから、恐れ入りやの鬼子母神といったところです。

マスコミに「言論の自由」とやらを与えるのは、実は大とても危険な事なのです。

もしかしたら後世、教科書の教材になってもいいくらいでしょう。

外国勢力に乗っ取られたマスコミは一国の民主主義の最大の敵です。

戦後の日本人はそれを学んだのです。

民主主義という制度自体は、紀元前の古代ローマ帝国にも採用されていた制度です。

よく日本のマスコミや左翼の政治家がやたらと「民主主義を守る」だとか「民主主義に反する」だと叫んでいますが、何となく軽くて違和感を覚えるのはこのためです。

サヨクという民主主義の最大の敵が、民主主義を守るというフレーズを使う事自体、お笑い草ですが、歴史的な知識や良識がなくとも、アジテーターとしての才能があれば、マスコミでは食っていけるのです。

そんな彼らに対抗する意味で、ネットの保守層の重要性は今後も益々増大することになりそうです。

日本の保守化自体、時代の流れであり、必然といってもいいのではないでしょうか。

戦争によって付けられた重石は、戦争によって外されるのが歴史の常。

日本全体の歴史の中で戦後から続く反日勢力が日本社会で力を持つ異常な状況は、異端として修正される時が迫っているのかもしれません。

私は、今の若者が日本の姿を取り戻してくれると思っています。

http://www.airinjuku.com/index.html

Dlw22jvumaayn8q


キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」

« タマゴパン | トップページ | 片口 不思議な紋様 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今の若者が日本の姿を取り戻してくれる:

« タマゴパン | トップページ | 片口 不思議な紋様 »

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30