« おろし冷や蕎麦 | トップページ | 御山御山器 »

2017年10月10日 (火)

戦艦長門の軍艦旗、山本五十六の故郷へ 

 先の大戦中に日本海軍の主力艦で、連合艦隊司令長官の山本五十六が乗艦したことで知られる戦艦「長門」の軍艦旗が6日、米ハワイ・ホノルルの戦艦ミズーリ記念館から、出身地の新潟県長岡市にある山本五十六記念館に寄贈された。

 軍艦旗は長門が戦後米軍に接収された際に米兵が持ち帰り、その後、戦艦ミズーリ記念館が保管していた。昨年12月に磯田達伸市長が真珠湾攻撃の日米合同追悼式に出席した際に、同記念館側から寄贈の申し出があった。

 贈呈式には、磯田市長や戦艦ミズーリ記念館保存協会のマイケル・カー会長らが参加。山本五十六記念館によると、軍艦旗は実際に艦上で掲揚されていたものとみられ、丸山智館長は「貴重な旗の寄贈に感謝する。今後の展示についてしっかりと協議し、平和教育に役立てていきたい」と語った。

 長門は戦前・戦中に「世界七大戦艦」の一つとして、日本の国民に親しまれた。先の大戦中は昭和16年の真珠湾攻撃や19年のレイテ沖海戦などでも活躍した。

 戦後の21年に長門は核実験の標的艦として使われ、ビキニ環礁に沈められた。
.

2017.10.6 19:26更新 産経新聞

http://www.airinjuku.com/index.html

Dlcoqjueaa8vil


キンドルの電子書籍出版代行なら「パブフル」


« おろし冷や蕎麦 | トップページ | 御山御山器 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦長門の軍艦旗、山本五十六の故郷へ :

« おろし冷や蕎麦 | トップページ | 御山御山器 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31