« わんこ兄弟 | トップページ | ぶっとべ汁 »

2017年10月13日 (金)

環境省と経済産業省に勧告

総務省が、環境省と経済産業省に勧告した内容を紹介する。

災害時に破損した太陽光パネルに ついて調査した結果、感電防止策を取らずに放置したり、有害物質の有無を確認しないまま埋め立てたりした事例があったという。

これを受け、太陽光パネルの回収やマテリアルリサイクル(材料の再利用)の仕組みを法整備も含めて検討するように求めた。

今回は、主に有害物質の情報提供などに関する調査と、その結果を受け、総務省が環境省と経済産業省に勧告した内容を紹介する。

有害物質に関する情報は、使用済みパネルの適正処理・マテリアルリサイクルの際に必要となる。

災害で破損したり、なんらかの事情で不具合が生じたりして、正常に発電できない太陽光パネル、または、太陽光発電所の撤去などによって排出された使用済みパネルについては、ほぼ産業廃棄物に該当する(図1)。

他の産廃と同じように、廃棄物処理法によって定められた手法で適正に処理することが求められる。

http://www.airinjuku.com/index.html

8b25f54es_2




« わんこ兄弟 | トップページ | ぶっとべ汁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境省と経済産業省に勧告:

« わんこ兄弟 | トップページ | ぶっとべ汁 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31