« 探求本 月影骨董鑑定帖 | トップページ | 朝日新聞は粗大ゴミ? »

2017年10月30日 (月)

一戸駅の駅弁

鉄道のない町で生まれ育ったので、鉄道の想い出は多くありません。

でも、トンネルに入る時に窓を急いで閉めた記憶があります。

東北本線が、電化になったのが昭和43年10月なので、それ以前の記憶でしょうか。

今でも覚えているのが一戸駅の駅弁。

子供心にもごちそうでした。

その駅弁も惜しまれながら、その営業を終えて10年ぐらいになります。

もう一度食べたいです。

カシオペア歴史研究所

Rosukatsu1zoom_2

巨大いかめし 森町 駅弁 1尾入×5袋(醤油味) ポスト投函 メール便 送料無料

価格:3,300円
(2017/10/27 16:48時点)
感想(0件)

« 探求本 月影骨董鑑定帖 | トップページ | 朝日新聞は粗大ゴミ? »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一戸駅の駅弁:

« 探求本 月影骨董鑑定帖 | トップページ | 朝日新聞は粗大ゴミ? »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31