« ウラルのテールレンズ | トップページ | 浄法寺氏 »

2017年11月21日 (火)

相撲

江戸時代は、力士、与力、火消しは江戸の三男と言われていました。

古来より神事として我々とも関係の深い相撲。

実は江戸時代までは女性の相撲見物はできませんでした。

元々は、大関になると侍の身分になり禄をもらえました。

十両の番付は、年間に十両もらえる番付でした。

黒船が来たときは、力士に米俵を運ばせて、アメリカ人に誇示したようです。

http://www.airinjuku.com/index.html

Img_0_m




« ウラルのテールレンズ | トップページ | 浄法寺氏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相撲:

« ウラルのテールレンズ | トップページ | 浄法寺氏 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31