« キセル | トップページ | 小諸市よ! 何を考えてる? »

2017年11月29日 (水)

南部椀

現在の秀衡塗りの原型となったと思われる「南部椀」です。

実は、「秀衡塗り」という呼び名が一般的になったのは明治以降の事のようです。

現在秀衡椀と呼ばれているモノは、江戸期には南部椀が一般的でした。

南部椀から派生したのが会津箔椀、大内椀があります。

古い漆器の体系的な調査が望まれます。

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/

Nannbuhdhgfey8

« キセル | トップページ | 小諸市よ! 何を考えてる? »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部椀:

« キセル | トップページ | 小諸市よ! 何を考えてる? »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31