« 太ってから痩せろ | トップページ | 漆の資料 »

2017年11月15日 (水)

陣場台熱球録 28

飛田穂州の指導を受ける

昭和25年、アマチュア野球界の重鎮・飛田穂州氏が福高を訪れて講演し野球部の指導にあたった。

昭和2年に福中が甲子園に初出場した際には、強豪相手に奮闘する田舎チームに心を打たれた飛田穂州は、新聞紙上で福岡中学の戸来誠と福中野球部を称えた。

水戸出身の飛田氏は、藤田東湖が称えた下斗米将真の出身地から参加した福岡中学に、特別な思いがあったそうだ。いつかは岩手の福岡を訪ねたいと思っていて、昭和25年の福岡高校野球部の指導に繋がった。

http://www.airinjuku.com/index.html

028



« 太ってから痩せろ | トップページ | 漆の資料 »

陣場台熱球録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陣場台熱球録 28:

« 太ってから痩せろ | トップページ | 漆の資料 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31