« 陸奥福岡物語 | トップページ | 勝海舟は下斗米将真と会っているか? »

2017年12月28日 (木)

豆柿

子供の頃、記憶をたどれば昭和40年代初期。

冬は野原に生えている柿がこの時期のおやつでした。

柿といっても小粒の豆柿です。

雪が降ると甘くなり、収穫のライバルがカラスでした。

さて、この豆柿は柿渋の原料です。

6月ごろに青い実を収穫し、それをつぶして発酵させたものが柿渋です。

その臭いは強烈でした。

柿渋は防腐剤で、漆塗りの過程でも使われました。

柿は食べ過ぎると便秘に。

柿渋だけで仕上げた盆は、なかなか見事な出来映えのモノがあります・

http://www.airinjuku.com/index.html

Mamegaki



« 陸奥福岡物語 | トップページ | 勝海舟は下斗米将真と会っているか? »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆柿:

« 陸奥福岡物語 | トップページ | 勝海舟は下斗米将真と会っているか? »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31