« 東京駅の掛け紙 | トップページ | 浄法寺から来た漆職人 »

2017年12月18日 (月)

木造町の中華蕎麦

今は「つがる市」ですが、何となく木造町がしっくりします。

その町で食べたラーメンが思い出されます。

中華そばと呼んだ方が良い味ですでした。

店名はわすれてしましましたが、漢字2文字?

もしかしたら舞の海も食べたかも!

http://www.airinjuku.com/index.html

Tky200802180224

青森県産 米粉 80%使用 つがるロマン 【米粉うどん120g×2】[※SP][※当店他商品との同梱可]

価格:432円
(2017/12/11 20:31時点)
感想(0件)

« 東京駅の掛け紙 | トップページ | 浄法寺から来た漆職人 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木造町の中華蕎麦:

« 東京駅の掛け紙 | トップページ | 浄法寺から来た漆職人 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31