« 天台寺の片口 | トップページ | 享保年間の秘伝書 »

2017年12月16日 (土)

呉須竹文蕎麦猪口

酒器猪口でも良いかと思われる器を落札しました。

明治から大正の呉須竹文蕎麦猪口5客セットです。

蛇の目高台ですので江戸の形を残してます。

出品者は、瀬戸焼系ではないかとのこと。

価格も手ごろでした。

口径約7㎝高さ約6.5㎝底径約5.6㎝。

サイズの、微妙に違っているが魅力です。

http://www.airinjuku.com/index.html

Sunsun7jpimg1080x10801509515933gjr7

骨董屋という仕事―三五人の目利きたち

中古価格
¥656から
(2017/12/16 12:19時点)

« 天台寺の片口 | トップページ | 享保年間の秘伝書 »

蕎麦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呉須竹文蕎麦猪口:

« 天台寺の片口 | トップページ | 享保年間の秘伝書 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31