« 兼興の椀 | トップページ | 捏ね鉢 »

2017年12月12日 (火)

漆掻き技法

江戸時代の漆掻き技法。

実は、よく分っていません。

現在の技法は、明治期に福井地方から伝えられた物です。

越前衆と呼ばれ、浄法寺や三戸地方などにも定住しています。

ネットで検索していたら興味深い画像がありました。

チャイナでは、今でも画像のような採取方法のようです。

そういえば、ホタテ貝の殻に漆がこびりついている物を見たことがあります。

もしかしたら浄法寺でも画像のような技法だったんでしょうか。

http://www.airinjuku.com/index.html

Urushikaigara12


藤井漆工芸 金継ぎ「美」セット

価格:6,480円
(2017/12/12 11:46時点)
感想(1件)


« 兼興の椀 | トップページ | 捏ね鉢 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漆掻き技法:

« 兼興の椀 | トップページ | 捏ね鉢 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31