« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

漆器を捨てた戦後の日本

何度読み直しても新鮮な発見がある本です。

海外にある古い漆器を、古さを残したままで修復する技術は、この筆者しかできないようです。

海外には、古いものを修理する専門職があるとのことですね。

漆器が廃れた一番の原因を、高度成長期に大量発注の対応のためにベークライト+科学塗料で漆器もどきを作り始めたことにあると断言しています。

現在でもその傾向は続いています。

業界関係者にはぜひ読んで欲しい本です。

http://www.airinjuku.com/

Sarayabook

民藝の教科書3 木と漆

鯨肉で一杯

南部美人の器を購入頂いた方から画像が送られて来ました。

奥様用と2個購入です。

肴は鯨です。

きっと美味しいでしょうね。

食卓にぜひ一個で良いですから漆器をお使い下さい。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

12814210_631801480305120_5781666699

■北海道豊富町名産■鹿みそ煮~えぞ鹿肉と味噌の絶妙にマッチした美味しさと鯨肉のような食感!【 バレンタイン ギフト 】【楽ギフ_のし宛書】

価格:864円
(2018/1/22 13:47時点)
感想(0件)



漆職人

楽天でおもしろいものを見つけました。

お手軽漆芸セットです。

お手軽かどうかは別として、興味のある機械です。

漆の乾燥と言うより、固まるといった方が正解です。

湿度が無いと固まりません。

梅雨時期の環境を作る必要があります。

少数生産はこれで可能ですね。

http://airinjuku.blog.fc2.com/

Urushimuro_1


浄法寺漆産業 浄法寺塗 巖手椀(大) 外黒内朱

価格:16,200円
(2018/1/31 10:44時点)
感想(1件)


2018年1月30日 (火)

一力のワンタン麺

ブログやFacebookで浄法寺の一力食堂を紹介したところ、各地から大勢の仲間がきてくれているようです。

この勢いで、骨董カフェか漆芸カフェのようなものを思いつきました。

しかし、難しいのも確かです。

でも、まずは一力のワンタン麺を食べてください。

http://www.airinjuku.com/

Itirikisyokudouwanntann
いわちく 骨付ソーセージ やじろべえ 500g(10本入り) 2袋セット

漆の実

二戸地方の特産?は漆。

本来は、日本各地に自生しています。

秋には実をつけます。

かつてはこの実から蝋を採取しました。

戦時中はコーヒー豆の代用品として利用していたようです。

何かに利用したいと考えるこの頃です。

http://www.airinjuku.com/

1702216

2018年1月29日 (月)

三方よし

「三方よし」

近江商人の言葉です・

浄法寺の漆を考える上で、天正年間の蒲生氏郷をはずせません。

一説には、当時の浄法寺から椀を持ち帰り、会津の箔椀を作らせたとも7わっています。

また、近江から会津に移った木地師たちが浄法寺にも安い木地を売ったとも伝わっています。

浄法寺の古い塗師の家に、日乃ものといわれる木地が有ったといいまする

おそらく日野の木地と想像します。

シルクロードの例を見るまでもなく、人類の物流は地球規模で行われています。

江戸期の盛岡藩では、近江商人が幅を利かせていたという研究結果もあります。

近江商人を調べてみたいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

20180120173834a4f

【送料無料・あす楽】【忘年会 新年会 歓迎会 イベント景品】 特選近江牛目録ギフト 1万円コース松阪牛・神戸牛と並ぶ国産黒毛和牛の近江牛を本場滋賀県から直送でお届け!景品 ゴルフコンペ 歓迎会 送迎会【翌日配達】抽選会 パーティー 肉

価格:10,800円
(2018/1/22 13:40時点)
感想(5件)

アイヌと漆器

アイヌ民族の古い漆器に魅了されています。

不思議な精神性を感じます。

古い江戸期の浄法寺ものをアイヌの人たちは大切につかってくれました。

二戸市が名実とともに漆の町を叫ぶならば、古い浄法寺モノを集めるべきでしょう。

江戸時代は、南部藩領だった野辺地や大湊から北海道に渡ったようです。

室蘭近辺に交易所のようなものがあり、イクパスイなどにも漆を塗って欲しいと注文をとったとのこと。

北海道アイヌを通して、アムール川河口付近まで漆器が運ばれました。


http://www.airinjuku.com/

Ainemon


アイヌ文様&60;新装版>

2018年1月28日 (日)

椀木地

北陸の木地師から聞いた話です。

100個の椀を作る際には、120個の椀木地をつくるそうです。

10%程度の割合で不良品が出るらしいのが理由です。

ですから、10個の椀には1個の椀が犠牲になっています。

そんなことを考えながら、椀木地を探しています。

古い漆器も、捨てるのではなく塗り直して、新たな命を吹き込みたいです。

http://www.airinjuku.com/

181201

【店舗で人気】【おつまみ】のどぐろ缶詰 塩(のどぐろ 缶詰 塩 福井 保存 田村長 北陸 ギフト)

価格:1,124円
(2018/1/28 13:24時点)
感想(0件)


10回目の甲子園

昭和60年、高校卒業後5年目の夏も母校は甲子園に出場した。

自家用車で甲子園球場まで応援に行った。

5年間で甲子園球場の雰囲気も大きく変わっていた。

予定では、20世紀中に出場回数を15回まで伸ばすはずだったんだが!。

この年が最後の甲子園出場になってしまった。

日本国内の学校で、夏に二桁の出場で春の大会に出場していない唯一の学校らしい。

正確には、戦前に大連商業が夏だけ12回出場という記録があるらしいが。

春も、東北北海道勢としては最初に選抜された。

昭和3年春の事である。

しかし、練習不足でまともな試合ができないとして辞退している。

歴史に「もしも」はないけど・・・。

11回目の夏が早く来て欲しいものです。

http://airinjuku.blog.fc2.com/

10thkousien

ます寿し【2段重ね】【富山名産】【人気駅弁】【ますずし・鱒寿司】

価格:3,100円
(2018/1/24 10:17時点)
感想(2件)

2018年1月27日 (土)

「塗師のむら」 (平成30年1月7日)

「塗師のむら」 (平成30年1月7日)


 八幡平西に約五キロ、ここから安比側の源が発している。この源ちかくに赤坂田というむらがある。昔は川に沿って、幅五、六尺の道があったが、明治二十五、六年頃に県道となった。現在は花輪線の「あかさかた」駅があるので、面目は一新した。皮に沿う水田から米がとれるようになったのは、昭和二十年以降のことで、それまでは稗を作つけていた。ものむらの人々が、全く稗を食わなくなったのは、昭和二十七、八年ごろからのことである。「もとむら」の荒屋新町の人たちからは、「赤坂田のマス」と軽蔑されていた。マスとは猿のことである。むらの人たちもそういわれると仲良くなるはずはないので、結婚圏も隣の郡まで伸びていた。

 近ごろ急速に住宅が改造されたり、新築されたが、そういう近代的な建物の中に、小さな古い土蔵が残されている。これが塗師の仕事場であり、塗り物の乾燥場である。

 隣村の門崎も、この村と同様に塗師のむらであった。この地方で有名な浄法寺椀こういうむらからつくりだされたものである。荒澤村産南部塗の沿革によると、次のようになっている。

「この漆器は、浄法寺町の天台寺の衆坊がこの技法を伝習したのが秀衡以前のことであろう。次いで衣川の没落者が荒澤村の浅沢地方に来住して、次第に同業者ができるようになり、生産品は天台寺の参拝者に供給した、というのが草創期で、その後南部塗というようになり、その後次第に販路が広がり、その名称が御山御器とか、浄法寺御器と呼ぶようになった。この御器が盛んになったのは寛文から享保までの七十年間で、地元にも問屋ができるようになったが、重要がふえるようになると、粗製濫造となって信用を失うものもできるようになり、それに、宝暦、天明の凶作で打撃を受けたが、文化文政の時代には再び盛んになり、明治になると販路が北海道までおよぶようになった。」

 というのだが、これが昭和三十四、五年ごろに現れたベークライトの前にひとたまりもなく、この長い歴史を閉じなければならなかった。

 この浄法寺椀というのは、一般の農家が毎日使う物であった。だから需要も多かった。農家では、この椀のことを三ツ椀とか鉄鉢椀などといって愛用していたが、大正の末頃に茶碗が入り込んできた。漆器と違って壊れやすいので、取り扱いに注意しなければならなかったが、模様とか色とか、大きさなどによって、家族がそれぞれ個人別に使えるという便利さがあった。しかし現在でも、寄り合いのような人の集まるときの食事には、昔の浄法寺椀を使っているところが多い。

 明治十年ごろ、汁椀一枚一銭、三ツ椀が四銭であった。


(参考文献 高橋九一箸 むらの生活史)

http://www.airinjuku.com/index.html

Kikou521


iPhone7 Plus/iPhone8 Plus ケース 伊藤若冲 鳥獣花木図屏風(象)

浄法寺か秀衡か

 岩手県の南北に漆器の文化が伝わっています。浄法寺塗と秀衡塗です。

 秀衡塗というと菱形の金箔と模様が特徴的ですよね。平泉文化を花開かせた藤原秀衡の名が付いているので、古くから秀衡塗りがあったように誤解されますが、秀衡塗りという呼び方が一般的になるのは大正時代からのようです。

 古くから「秀衡椀」と呼ばれている物は、なぜ「秀衡椀」の名がつけられたのかは分かっていません。産地も特定されていないと思います。 浄法寺椀は瀬戸内寂聴尼で知られる天台寺がルーツであることが分かっています。藩政時代には各地へ漆器を送り出した記録も残ります。中尊寺と天台寺の宗教的関係を考えれば、同じような文様の古い漆器が存在していたことは歴史的にも何らかの繋がりがあることを暗示していると思います。

 よく間違われるのが秀衡塗と秀衡椀です。秀衡塗という名前は大正時代に当時の盛岡市長によって付けられた名前で、もともと盛岡の名産品として始まりました。秀衡椀は古くから存在していますが、秀衡椀の歴史=秀衡塗ではないのです。



古い秀衡椀は確かに現存しているのですが、その歴史を綴った古文書などはほとんど存在していません。何かの資料に、秀衡椀は元々は南部椀と言われていたと会ったように思いますが、定かではありません。古い秀衡椀は岩手県南地方の旧家やお寺などで所蔵されているものが多く、岩手県立博物館や一関市博物館などで見ることができます。中尊寺にも桃山期の秀衡椀が所蔵されています。

 旧衣川村増沢地区は、もともと漆器の産地として県内でも有数の産地で、民藝運動の創始者・柳宗悦が「塗りが正直で手堅い」と絶賛したこともあり昭和初期はとても盛んな産地でした。現在ではここで秀衡椀が造られていたという説も有りますが、確証はありません。その増沢地区も、ダムの建設によって漆器を作っていた人たちも様々な地域に分散してしまいました。

 浄法寺と秀衡の謎は深まるばかりです。

http://www.airinjuku.com/joboji/joboji-hidehira/rekishi001.html

001_2

巖手椀 外黒内朱


2018年1月26日 (金)

手仕事の日本

この本の中で、浄法寺地方の漆器も特集されています。

70年ぐらい前の状況が書かれていますので、いまとなっては貴重な資料でしょう。

書籍自体の発行は昭和41年です。

漆や工芸にに関わる多くの人に読んで欲しい書籍です。

漆芸に関しては、どうしても再現できない技法があります。

生きていれば100歳を越える、明治生まれの先生が言っていました。

戦後は漆が変わって、塗り方がおかしくなった。

何を意味するのか勉強中です。

http://www.airinjuku.com/

Tesigoto

手仕事の日本 (岩波文庫)

桂材のこぶくら

二戸地方では、濁酒を吞む器を「こぶくら」と言います。

そして、天台寺を象徴するのが桂の木です。

その桂材で「こぶくら」作ってもらいました。

2年前のことです。

その木地屋さんが休業中!

ぜひ桂材で作った「こぶくら」が欲しいと要望がありました。

うれしいですね~~。

なんとか要望に応えたいです。

http://www.airinjuku.com/index.html

Photo575


信州秋山郷 木鉢の民俗 (木地師研究叢書 第 3冊)

新品価格
¥1,512から
(2018/1/26 12:48時点)


木地師のむら

  赤坂田は塗師のむらでもあるが、木地師のむらでもある。このあたりでは木地師のことを「カタウチ」といっている。大正の頃このむらで五十人くらいの人がカタウチをやっていた。足の不自由な人が、他郡から弟子入りしていたところもあった。

木地の原木は奥羽山脈の国有林で、主にブナとかトチ、それにホオなどであった。この地方は、一晩に二メートルもの雪が降る豪雪地帯である。旧の正月がすむと、むらの人々は山に入って、適当な場所を選んで小屋をかけて、ここで五十日間ぐらい原木を伐採する。やがて雪解けとなり、安比川の水量が増すようになると、この水を利用して伐採した原木を流し、赤坂田で引き上げ、そこから自分の家までソリで運搬する。馬車で運搬するようになったのは昭和十七、八年ころからである。こうして自宅まで運びで、乾燥をふせぐため、落ち葉とかカヤで覆っておく。

隣接している門崎のむらでは、五部落の共有林でトチ、ブナ、ホオ、ハンノキなどを自由に伐採することができた。直径二尺以上のものになると、鋸で伐るのが厄介なので、それ以下のものを選んで伐採した。このむらの人達は山の掘っ立て小屋でカタウチすることが多かった。なかには宅地の近くにブナとか、ハンノキを植えて、それ利用するところもあった。

この地方に御用木地師の置かれたのは、天文のころで、承応、明暦のころには田山村に、寛文年間には浄法寺村に置かれるようになったといわれている。

ここで使う轆轤は最も古い形式の手回し式のものであった。木の心棒に手縄綱を巻き付けて、これをナビキト(綱引人)が引いて回転させると、心棒の先端に固定してある椀の型が回転するので、これを鉋で削るのである。これをやれる一人前の木地師になるには、四、五年から、五、六年はかかる。一日に二百枚から六百枚くらい削れるようになる。

この回転式轆轤を水力で回転するようにしたが、この七仕事に見切りをつけたのは、塗師と同様であった。木地挽きと塗師とは、不可分の関係にあったので、このむらの仕事はいっぺんに変わってしまったのである。

http://www.airinjuku.com/

Kikou53

伊藤久右衛門 宇治抹茶だいふく 大福 6個 箱入り ギフト バレンタイン 2018

2018年1月25日 (木)

リハビリ

リハビリ中の画像が出てきました。

1年半前です。

完治ではありませんが、なんとか日常生活はokuremasu.

遠近感というか、距離感がおかしいです。

でも、何かの力で奇跡的に回復したと医者から教えられました。

残りの人生は、漆の研究にと思います。

http://www.airinjuku.com/index.html

201608050834395e8

iPhone7 Plus/iPhone8 Plus ケース 伊藤若冲 鳥獣花木図屏風(鳳凰)

栗材の椀

地元の爺ちゃんが20年ぐらい前に塗った蕎麦椀です。

栗材を使っています。

ちょっと大きめの椀なので、いろんな使い方ができます。

素朴な民芸風の作品です。

5個ぐらい出てきました。

http://airinjuku.blog.fc2.com/

0923000


2018年1月24日 (水)

9回目の夏

家の中の整理を始めたら40年近く前の夏の想い出が出てきた。

同級生とはこの時の想い出で死ぬまで呑める。

2年の時も決勝で敗退。

なので、3年の時は喜びも倍増だったな~~。

この年の出場校で、出場回数はベスト10ぐらいだった。

ベスト8までは行くつもりで甲子園球場に応援に行ったけど、初戦で負けてしまった!。

球場外でストームやろうと思ったら、警備員と揉めた!。

近くにいたスキンヘッドにしたお兄ちゃんが「たこ焼き」くれた。

美味かったな!。

ツタの中で蛇の抜け殻見つけて持ってきた。

どこにおいたかな~~?

死ぬまでにもう一度甲子園球場に母校の応援に行きたいな!

http://airinjuku.blog.fc2.com/

9thkousien


≪芝寿し≫冷凍 笹蒸し寿し 9ケ入【送料別(冷凍)】【のし可(内のしのみ)】【ギフト】【贈り物】【寿司】【金沢】【お土産】【石川県】【お取り寄せ】【おすすめランキング】

価格:4,806円
(2018/1/24 10:09時点)
感想(0件)


片口オブジェ

浄法寺漆器は天台寺の僧侶が発祥というのが定説となっています。

史実は不明ですが、天台寺がこの地方の文化の中心だったのは間違いないでしょう。

天台寺と中尊寺、浄法寺椀と塗りと秀衡椀の関係を調べると何となく一本の糸で繋がっているような気がします。

天台寺参道にある片口のオブジェ。

作った頃には違和感がありましたが、ほどよくこなれてきました。

http://airinjuku.blog.fc2.com/

Wjebdijj_2


岩手 酒

2018年1月23日 (火)

九谷のコーヒーカップ

米国の知り合いから連絡がありました。

薩摩焼のコーヒーカップを売りたいとのこと。

100年以上前に、家族が手に入れたようです。

現地の骨董屋さんで委託販売しているとのこと。

気になる価格は100ドル。

たぶん送料が50ドルぐらいでしょう。

実は、裏に九谷とあります。

薩摩では無く九谷でした。

一応そのことは知らせました。

Sl16001


カワサキのバッジ

机の中を整理していてカワサキのバッジが出てきました。

3個あります。

欲しい方にはお譲りします。

カワサキファンの方、ぜひコレクションに加えてください。

http://www.airinjuku.com/index.html

Kawasakibadge

限定 レア ピンバッジ カワサキZXR750バイク二輪 ピンズ フランス

2018年1月22日 (月)

塗り直すべきか悩みます

ヤフオクに合鹿椀が出品されました。

10万円以上の価格が付けられました。

その価値はあると思います。

堂々とした、歴史を感じさせる椀です。

浄法寺椀も含めて保存して欲しいものです。

塗り直せば22世紀でも使えます。

新品同様の漆器になることでしょう。

http://airinjuku.blog.fc2.com/

Gouroku_wann121

陣場台熱球録 #33

 昭和57年夏の大会初戦の相手は盛岡一高と決まった。この対戦が決まると、両校共に県内最多の10回目の甲子園を目指して、戦い前の情報合戦が行われた。生徒や学校関係者は「盛岡よりも先に10回目の甲子園を」とか「盛岡一高だけには負けるな」などと気勢を上げた。
 マスコミも注目のカードとして、連日「注目の一戦」・「伝統の一戦」と報じた。

 しかし、この時のチームは満身創痍であった。大会直前にはエースの立花投手が故障というアクシデントに見舞われ、1年生の柳畑投手をマウンドに送らねばならなかった。当然、盛岡一高の優位が伝えられた。

 試合は、岩手県民注目の中で始まった。序盤は1年生の柳畑投手が好投し、5回までゼロ行進となった。盛岡一高の川村投手も好投を続ける。先攻したのは6回裏の福岡で1点を先取する。対する盛岡一高は、8回表に四球を足がかりに3安打を放ち1-3と逆転する。勝利を確信した盛岡応援席は、勝利の歌「盛高よいとこ・・・」を歌い始めた。

 しかし、この年のチームは2年前の一関工業戦の奇跡的逆転に匹敵する粘りをみせる。球場を揺るがす「コンバットマーチ」に乗せて9回裏に同点に追いつく。延長に入り3年生エースの立花投手を投入した。エースの投入で勢いづいた打線は、延長11回に和山選手のレフト前ヒットで劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 試合終了後、どこからともなく凱歌の大合唱となった。本来凱歌は優勝の時にしか歌わないものである。しかしこの時は例外であった。50年以上の時空を越え、大正期のオールドボーイ達も在校生と共に凱歌を熱唱した。甲子園出場に優るとも劣らない試合であった。

 続く二回戦は7-6の接戦で釜石工業を降した。

 続く三回戦も歴史に残る試合であった。対戦相手は花巻北高。試合開始は午後4時頃からだった。試合は速いテンポで進み乱打戦となった。6回を終わる頃には、「日没コールドになるかもしれない」事が両校に告げられた。7回表を終わった時点で6-11と花巻北高がリードしていた。7回裏の福岡の攻撃は薄暮の中で始まった。花巻北高の投手はコントロールが定まらず四球を連発した。外野に飛球が飛べばボールが見えずにヒットとなり、強い打球が飛べばヒットとなる状態であった。試合は7回裏の終了を待たずに13-11と福岡リードで日没コールドを宣言した。

 勝利に沸く福岡関係者。対する花巻関係者は、審判の裁定に納得できずに騒然とした騒ぎが深夜まで続いた。この試合は全国紙でも大きく取り上げられた。両校にとって後味の悪い試合となった。ミラクルと言われたこの年のチームも、続く準々決勝で住田高校に2-5で破れた。

http://www.airinjuku.com/jinbadai/jinbadai.html

033_2

鳥小肉(せせり) 原料型 (岩手産) 12kg (2kg×6袋) 焼き鳥 やきとり 焼鳥 Yakitori ヤキトリ セット 冷凍 キムラ食品 送料無料

価格:11,368円
(2018/1/20 11:22時点)
感想(0件)

2018年1月21日 (日)

カレー皿

ブログで知り合った木地屋さん。

現在は休業中です。

休業してから1年が経過しました。

素晴らしい木地を作ってくれたので、早く復活して欲しいです

漆器と言うことで手入れなどを気にする人も多いですが、まったく問題なしです。

ぜひ復活して欲しいです。

Photo385


維新力

大相撲初場所も中日になりました。

横綱の休場は寂しいですが、熱戦が展開されています、

維新力という力士を覚えてますか。

腹筋の見える力士として人気がありました。

体重は最高で90kgぐらい。

その後はプロレスに転向しました。

youtubeでその雄姿が見られます。

こんな力士の誕生を期待したいですね。

http://wwwirinjuku.com/index.html

Isinnriki

大相撲名力士風雲録24―月刊DVDマガジン 朝潮 松登 琴ケ濱 若羽黒 (ベースボール・マガジン社分冊百科シリーズ)

朝の一句 南部鉄瓶

朝は寒いですが、確実に日が長くなっています。

一杯のお茶がとてもおいしいです。

手間でも、湧き水を鉄瓶で湧かしたお湯で淹れたお茶は最高です。

茶葉は静岡から送ってもらいました。

「寒い朝 茶の味まろく 南部鉄」

干し柿を、渋いお茶で食べたいです。

http://www.airinjuku.com/index.html


2018年1月20日 (土)

古式浄法寺椀

杉浦日向子さんの兄は鈴木雅也さんという方で、料理カメラマンです。

人伝に聞いた話では、日向子さんは一度浄法寺に来たいと言っていたそうでうです。

復刻した古式浄法寺椀を、ある人を介して日向子さんに送りまた。

今は、そのお椀はどうなっているんでしょうか?

このお椀は二戸駅前の名店かくしめ食堂でも使っていました。

今では、居酒屋「一生」で使われています。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

Kosikiwan20974


溜塗の片口

浄法寺型の5寸片口です。

お酒がおいしくなりますよ。

注ぎ口の形状が先人の知恵でしょうか、こぼさずに注げます。

一生モノですね。

こんな片口で日本酒を提供する蕎麦屋さんがあれば最高です。

http://www.airinjuku.com/index.html

M9f3ax9l0

和食器 木製 片口 大 根来 山中漆器 お椀 片口椀 漆塗り 1個【ギフト】

価格:11,880円
(2018/1/20 11:14時点)
感想(0件)

2018年1月19日 (金)

冷や酒

しばらくアルコールを口にしていません。

久しぶりに吞んでみたくなりました。

冷やでいただく純米酒が好きです。

以前に、「冷や」で頼んだら冷えた冷酒が出てきました。

冷やは常温の酒ですよね。

「冷やで吞む 純米二合 すぐに無し」

今夜はイカの塩辛で一杯!

http://www.airinjuku.com/index.html

20160318113450a58


東北限定欲しかった豪華地酒日本酒6本セット(岩手県南部美人 特別純米酒1800、福島県奥の松酒造 特別純米酒・吟醸1800、宮城県大和蔵酒造 雪の松島 特別純米酒1800、福島県大七酒造 生もと純米酒・本醸造1800)

価格:17,980円
(2018/1/19 12:49時点)
感想(0件)


稀勢の里休場

稀勢の里が休場です。

5場所連続ですね。

しっかり直して、来場所は再起して欲しいと思います。

無理して、受けて立つ横綱相撲で無くても良いと思いますね。

本人が一番不甲斐ない気持ちでしょう。

気持ちの問題かもしれません。

誰もが稀勢の里の復活を望んでいます。

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/

2018011900000075sph0001view1

岩手産トリモモ肉 1kg【鶏肉】【48時間限定タイムセール】【東北復興_山形県】

価格:1,620円
(2018/1/19 08:23時点)
感想(56件)

二戸七観音

いつの頃に始まったかは不明ですが、二戸地方には7月10日(旧暦)に二戸郡内の七観音をお参りする風習がありました。

日の出とともに出発し、その日のうちに帰宅したそうです。
二戸七観音は時代によって変化がありますが、中心に天台寺が置かれたことは間違いないようです。

1 天台寺 (二戸市浄法寺町)
2 中里観音 (二戸郡一戸町)
3 実相寺観音 (二戸郡一戸町)
4 鳥越観音 (二戸郡一戸町)
5 岩谷観音 (二戸市福岡)
6 朝日観音 (二戸市石切所)
7 似鳥観音 (二戸市似鳥)

7番札所は元々は飯近観音で二戸市浄法寺町にあったのですが、いつの頃からか似鳥観音に移されました。

全部を回ると距離にして50kmぐらいでしょうか。
現在の主要道路とは違い、当時の街道は山の尾根などを通っていましたから、距離はもう少し短いかもしれません。

それでもかなりの距離を一日で回ったわけですから、当時の人の脚力には脱帽です。

これとは別に西回りもあったようです。

http://www.airinjuku.com/index.html

Kikou23


はじめてのヤフオク! 最新版 (BASIC MASTER SERIES)

2018年1月18日 (木)

夜食椀の塗りなおし

江戸在住の方から依頼された塗りなおしが終わりました。

溜で良い色合いに塗りあがりましたよ。

本来は朱色でした。

Hiroyuki_kobuneimg640x4801510978332


そのままでも使えそうでしたが、塗りなおしたら素晴らしい器になりましたよ。

元々は、100年以上前に作られた漆器です。

単純に考えれば、100年後でも使えるはずです。

Rimg0024


http://www.airinjuku.com/index.html

浄法寺漆産業 浄法寺塗 巖手椀(大) 溜

価格:16,200円
(2018/1/18 19:14時点)
感想(1件)

今東光

昭和45年頃の天台寺は荒れ放題でした。

草はボウボウと生い茂り、寺院内は酒瓶が転がってました。

それが劇的に変わったのが今東光大僧正の住職就任だったような気がします。

昭和51年1月、今東光大僧正が中尊寺と兼務ながら天台寺の住職に就任することが決定します。

古代に安倍頼時の娘を娶った藤原経清。

そんな歴史的結びつきを彷彿させます。

安倍頼時の故地を二戸地方の「安比」地区とする説もあり、そうすると中尊寺と天台寺との歴史的繋がりも理解しやすくなります。


4月9日に晋山式が行われ、私も中学生でしたがなぜかその場を目撃する場に居りました。

今東光大僧正が浄法寺にやってきたのはこれが最後になったのが残念です。

昭和52年9月29日死去。

他界する寸前まで天台寺復興に心を痛めていたようです。

きよ未亡人からまもなく1千万円の寄付が寄せられます。

「天台寺の復興に役立ててください。今東光の遺志です。」

昔話で終わらせないようにしたいものです.

http://www.airinjuku.com/index.html

Kikou29

浄法寺漆器工芸企業組合 岩舘隆 浄法寺塗 浄法寺椀(中)朱 【国産漆100%仕様】

価格:11,880円
(2018/1/18 10:28時点)
感想(1件)

コレクション

高校時代から浄法寺の漆器を集め始めました。

捨てられる寸前のモノが多いですが、集まったモノを見ると心が和みます。

古い時代の方が、磨くと光るような気がします。

どうやって塗ったか解らない技法にも遭遇します。

洒落っ気に満ちた製品にも出会います。

しかし、漆を研究している人はどんどん減っているような気がします。

Urusicollection83486

http://airinjuku.blog.fc2.com/

麺匠戸田久 業務用 北緯40度 盛岡冷麺 ♯16 160g×30食

2018年1月17日 (水)

懐かしの茶托

ヤフオクに懐かしい製品が出品でれていました。

30年ぐらい前に、浄法寺の某社で造った物です。

作者は、今では漆芸には関わっていません。

なかなか漆芸で生計を立てるのは難しいようです。

製作方法は、何となく見ていて覚えていますが、同じように塗れるかはわかりません。

手元に持っておきたい一品です。

http://www.airinjuku.com/index.html

Asunaro_shopimg600x4501493957928ibf

盃 朱 国産100% 浄法寺塗 浄法寺漆器

価格:8,230円
(2018/1/16 19:41時点)
感想(0件)

2018年1月16日 (火)

南部箔椀

ヤフオクで見かけた南部箔椀です。

おそらくは2万円を越えると思います。

形も良く、塗もしっかりしているようです。

この種のものは、ぜひ浄法寺に残して欲しい物です。

個人での収集には限界を感じます。

地元に残したい一品です。

http://www.airinjuku.com/index.html

Wahindo123img641x4801515925588heri1

時代椀 朱 国産100% 浄法寺塗 浄法寺漆器 【受注生産約8ヶ月】

価格:21,060円
(2018/1/17 19:35時点)
感想(3件)


金田一温泉殺人事件

15年ぐらい前に読んだミステリーを読み返しています。

題名は「金田一温泉殺人事件」

実は「ミステリー金田一」の構想を10年ぐらい前から考えています。

名探偵の金田一耕助も【金田一】。

天からの恵みのような「金田一」という地名!!

絶対に使わない手はありません。

だれか興味がある方は居りませんか?

http://www.airhtmlinjuku.com/index.

N18160121


横溝正史&金田一耕助シリーズ 44号 呪われた湖

価格:1,789円
(2018/1/16 18:50時点)
感想(0件)


北福岡駅

北福岡駅から二戸駅に変更になってから30年が経過しました。

北福岡駅時代の画像を探して、やっと見つけました。

昭和52年の画像のようです。

現在は、新幹線も停車し、東京まで3時間ぐらいと便利になりました。

しかし、旅の風情は失われたかもしれません。

新しい風情を作り出したい物ですね。

誰もが、そう思うのでしょうが、その方法はとっても難しそうです。

http://www.airinjuku.com/index.html

Kitahukuoka9999

ニッポン駅弁大全

中古価格
¥1から
(2018/1/14 19:19時点)


2018年1月15日 (月)

がんこ一徹屋

ブログで知り合った木地屋さんがお勧めの漆屋さん。

その画像がパソコンに残っていました。

名前が良いですね。

ブログ友達は、病気でブログを休止中。

作ってもらいたいモノがあるので、早く復活して欲しいです。

少量でも受け付けてくれる木地屋さん、いませんか?

http://www.airinjuku.com/kikou/kikou.html

Gannkoittetuya

信州秋山郷 木鉢の民俗 (木地師研究叢書 第 3冊)

一戸の竹細工

岩手県一戸の手提げ篭である。昔ながらの形をしているが、これは竹細工ならではの形である。

しっかり編み上げてあり、頑丈で安定した姿をしている。夏となると、どうもこうした竹製品がいい。

竹を編んであるので風通しが良いせいだろうか。ともかく竹細工は夏の物である、

ちかごろ竹細工も芸術の分野に入り、竹芸家などという人がおり、小さな籠の花入れ一つ、びっくりするような高額で売っている。

竹細工というものは手易いようで奥深く、やはりそこには年季が要る。その技術は芸術と結びついて竹芸などという生まれたのであろう。

これは決して芸術品ではない。文字通りの実用品だが、何となく日本の夏にはふさわしい形をしている。

(参考文献 日本の民芸 通巻334号)

http://www.airinjuku.com/kikou/kikou.html

Kikou51

岩手県鳥越地区の竹細工【岩手県二戸 鳥越竹細工】スズ竹 市場かご 尺三(W40cm)【あす楽対応】【RCP】

価格:10,260円
(2018/1/15 12:36時点)
感想(29件)

大乃国

大乃国を杉浦日向子さんが贔屓にしていたことから、応援していたことがあります。

今はスイーツの柴田山親方として知られていますね。

なんといっても千代の富士の連勝を止めたことが印象に残ります。

優勝回数が2回と少ないのが意外です。

http://www.airinjuku.com/index.html

N1801148hbbfd

ニッポン全国 和菓子の食べある記: 高島屋・和菓子バイヤーがこっそり教える郷土の和菓子500品


2018年1月14日 (日)

岩手川看板

ヤフオクに岩手川の看板が出品されていました。

なんとしても県内に残したい品物です。

岩手川も今は営業していなかったと思います。

何とか県内の、圏域内の事業所を活性化させたいですね。

グローバリズムではなく、ローカリズムが重要です。

行き過ぎたグローバリズムは、地域の崩壊を招きかねませんね。

http://www.airinjuku.com/index.html

Syouwaretoro100img443x6191507179353

「日本のいいもの 伝統工芸 南部鉄器 鉄瓶1.2Lあられ 黒」

新品価格
¥6,172から
(2018/1/14 19:10時点)

豆腐作り

近所で豆腐を作っている匂いが漂ってきました。

豆乳を少しわけてもらって飲みました。

豆腐も分けてもらえそうです。

出来立ての豆腐をちょっと塩をふって食べたいです。

意外に美味いですよ。

浄法寺地方では、昔は大豆と豆腐を交換してくれました。

等価交換ではなかったと思いますが、どれぐらいだったんでしょう。

「作りたて 口に優し 大豆の味  (つくりたて くちにやさし まめのあじ)」

http://www.airinjuku.com/index.html

N18011401

【贈り物に最適】佐賀県産大豆使用極上とうふ 佐嘉おぼろ(4~6名様分)【楽ギフ_のし】

価格:3,240円
(2018/1/14 12:11時点)
感想(8件)

2018年1月13日 (土)

江戸の茶店

ネット検索で見つけた古民家カフェ。

浄法寺でも作りたいです。

儲からなくてもいいのです。

茶飲み話ができるだけで。

江戸の茶店雰囲気を出せたらいいですね。

http://www.airinjuku.com/index.html

N18011377


蕎麦

昨夜は正岡子規について書かれた本を読みました。

そして何となく浮かんだのが、熱い蕎麦を食べている風景です。

「熱き蕎麦  持つ指やさし 御山御器」

御山御器は「おやまごき」と読みます。

浄法寺で作られた漆器のことです。

ぜひ浄法寺漆器で蕎麦を食べて下さい。

http://www.airinjuku.com/index.html


【新そば】【送料無料】甘露煮と夜久野そばの相性がバツグン♪半生にしんそば6人前京都のそばといえばコレ♪【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

価格:2,800円
(2018/1/13 12:04時点)
感想(71件)


矢羽根で珈琲

倉庫の中から蕎麦猪口を出してきました。

お気に入りの矢羽根文様です。

明治期の物かと思いますが、程度もよく残っています。

矢羽根は海外でも人気が高いようで、20年ぐらい前に20個ぐらいドイツに嫁ぎました。

今でも使ってくれてるようです。

http://www.airinjuku.com/index.html

Rimg0041

寄木細工いづみや 寄木鉄木夫婦箸 矢羽

勤王の志士たちを見つめた捏ね鉢

奥州福岡の会輔社は、幕末期に結成された政治結社です。

長州の志士との交流もあり、歴史的にもっと評価されても良いと思います。

その会輔社関係者が保管していた捏ね鉢です。

直径が二尺近くあります。

乳児であれば入浴もできそうですね。

その捏ね鉢の修理を依頼されて2年。

病気もありましたが、そろそろ着手します。

歴史的遺産として、ぜひ漆の町・二戸浄法寺地方で飾りたいですね。

http://www.airinjuku.com/index.html

Obonaikonebachi

尺0こね鉢 拭き漆/お寿司・寿司桶・そば・なべ・宴会・おもてなし

価格:11,880円
(2018/1/10 12:28時点)
感想(1件)

2018年1月12日 (金)

輪島は強くてかっこよかった

強いのか弱いのか分からなかったのが輪島。

でも、14回の優勝ですからすごいです。

左下手をとったときは強かったですね。

何かと派手好きで、良くも悪くも話題を振りまきました。

現在は咽頭がんで闘病しているようです。

ライバルだった北の湖や貴ノ花などが亡くなっています。

何らかの形で相撲に関わってほしい大横綱です。

http://www.airinjuku.com/index.html

Wajima222222

大相撲大全集~昭和の名力士~ [DVD]

新品価格
¥35,700から
(2018/1/12 08:47時点)

陣場台熱球録 32

昭和50年代に入り決勝に進出すること三度。いずれもあと一歩のところで涙をのんだ。昭和55年こそは甲子園出場を誰もが期待した。

 期待に応えるように新チームは、真下徹主将を中心として快進撃を続ける。前年秋の新人戦では東北大会の準決勝に進出し選抜大会の補欠校に選ばれた。

 昭和55年(1980)の春も岩手県大会は危なげなく制した。東北大会は地元岩手県での開催であった。期待に応えるかのように、酒田東高校、双葉高校を撃破し決勝まで進出した。決勝戦では東北高校と対戦し3-4でサヨナラ負けを喫した。東北高校は、後に西武ライオンズで活躍する安部理選手や福岡ダイエーホークスで活躍する中条投手を擁して、全国の優勝候補に挙げられる強豪チームであった。

 秋、春とも全国の強豪校と接戦を演じたことで、地元では「甲子園確実」との雰囲気で、異常な熱気に包まれた。

 しかし、夏の大会には思わぬ落とし穴が待っていた。

 初戦の水沢工業高校戦は、学校創立以来初めての全校応援だった。紫波球場での内野席に入りきれず外野席まで1000人の生徒で埋まった。序盤こそ接戦だったが5-3で退けた。

 続く三回戦の相手は、前年秋の岩手県大会決勝戦を戦った一関工業。この時の一関工業は茂庭投手を擁する強豪チームであった。福岡の欠端、一関工業の茂庭の投手戦となり、終盤に得点が動いた。8回表に一関工業が2点を先取、試合はそのまま最終回を迎えた。9回裏の福岡高の攻撃も一死ランナー無しで誰もが敗戦を予感した。平野捕手の内野安打を皮切りに、平泉選手のレフトオーバーの二塁打、代打の下村は敬遠気味の四球を選び満塁となり、蒲田左翼手のタイムリーヒットで1点を返した。一死満塁のまま真下主将に打席が回ってきたがキャッチャーフライで二死。田岡選手に代わって代打に神孝雄捕手が送られた。代打の神選手はツーストライクと追い込まれながらも四球を選び同点。続く舘浩孝選手は、気落ちした茂庭投手の初球をセンター前に運び、奇跡的な逆転勝ちを納める。

 続く四回戦は4-0で高田高校、準々決勝は7-4で広田水産高校を撃破した。

 準決勝の相手は、前の試合でノーヒットノーランを達成して意気上がる坂本投手を擁する一関商工だった。接戦が予想されたが7回コールド9-0で勝利する。

 決勝の相手は水沢高校であった。エースの大槻投手、セカンドの千田選手などを擁しする攻守にまとまった好チームである。昭和53年秋から延長再試合など名勝負を繰り広げ、この時代の最大のライバルであった。この決勝戦は公式戦5度目の水沢高校との対戦となる。

 決勝戦にふさわしく1点を争う投手戦となった。先制したのは福岡高校で、7回表に2点を先取した。福岡先発の欠端投手は7回までパーフェクトに押さえる好投で、試合はこのまま福岡の勝利で終わるかと思われた。

 しかし、水沢高校は驚異的な粘りを見せる。9回裏に1点を返し、一打同点の場目を迎えた。次打者は欠端投手の投じたボールをセンター返し。欠端投手は、その持ち前のフィールディングでガッチリつかみ一塁へ送球。

 この瞬間、19年ぶりの甲子園出場が決まったのである。実は、欠端投手が掴んだ最後の打球は、後でよく見ると普通の投手であればセンター前に抜けそうな打球であった。遊撃手としても非凡な才能を持った欠端投手だったからこそ捕球できた打球であった。

 勝利した瞬間に福岡応援席は一瞬静まりかえった。そして次の瞬間、19年間の鬱憤を晴らすかのような大歓声が上がった。

 凱旋する野球部を迎えようと、北福岡駅(二戸駅)に集まった関係者は3000人。凱旋パレードは、駅前から金田一温泉まで行われた。優勝を歓迎する張り紙。勇壮な太鼓での歓迎。選手は汚れたユニフォーム姿を誇りに、応援団幹事と共に数台の自動車に分乗して行進。家毎に「祝優勝」の張り紙が出され、生徒は数百メートルごとに「凱歌」でストームを組んだ。まさしく昭和2年の再来あった。

 甲子園大会は大分商業との対戦となった。生徒400人、関係者5000人の大応援団を組織し甲子園に乗り込んだ。7時59分試合開始。開始と同時に「岩手の北台、天下の鎮・・・・」の大合唱、晴天にひらめくH旗で観客の度肝を抜いた。 試合は一進一退の攻防となったが、2-4で破れた。

昭和55年のチームは、各地の強豪とも互角以上の成績を残し全国大会での活躍を期待されたチームであった。岩手県高校野球史上初めて同一チームによる、「秋・春・夏」を制したのも特筆されて良い。(数年後に久慈商業が達成。この2例だけである)

http://www.airinjuku.com/index.html

032

東北地酒辛口日本酒3本セット2 (岩手県南部美人本醸造1800 福島県奥の松酒造 日本酒大賞1位 吟醸1800 大和蔵酒造 雪の松島 特別純米1800)

稀勢の里

もうすぐ初場所が味まります。

一年前は稀勢の里で盛り上がっていました。

何とか復活して欲しいモノです。

ブームの時の販売されたカップ麺。

画像が残っていました。

一年があっという間でした。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

Kisenosato

「大相撲」知ったら面白すぎる70の話 (王様文庫)

新品価格
¥702から
(2018/1/12 08:14時点)


2018年1月11日 (木)

干し柿

干し柿を食べたくなりました。

江戸の風流人は、和三盆よりも干し柿の甘さを好んだそうです。

和菓子の甘さは干し柿を超えない。

江戸の粋です。

そのことを何かで読んだのですが、その書物が解りません。

もう一度読みたいので、ご存じの方は教えてください。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

壺椀でコーヒー

100年以上経過したと思われる壺椀。

ちょっと大きめのマグカップとして使ってみました。

女性の方には、ちょっと大きいですが、抹茶碗の代用としても良いです。

保温力がありますので、案外使えそうです。

アイスクリームなどの器でも良いかも。

http://www.airinjuku.com/index.html

Rimg0089




修理中断から一年半

一年半以上まえに着手した片口の修理です。

途中での病気により中断していましたが、まもなく再開予定です。

注ぎ口が無かったので、別の注ぎ口を何とか利用しています。

研ぎ~塗り~研ぎ~塗りの繰り返しです。

片口も戦前までは一般的な器だったらしいですが、醤油や酒の量り売りが無くなってから廃れたようです。

しかし、東北地方の田舎では文化として復活してます。

http://www.airinjuku.com/index.html

Img_0_m

井戸片口・小・有光武元

価格:10,800円
(2018/1/9 12:52時点)
感想(0件)


2018年1月10日 (水)

古いコーヒーポット

心惹かれるコーヒーポット。

古い四ツ椀との交換で手に入れたモノです。

椀も手放したくなかったのですが仕方ありません。

インテリアとしても良い雰囲気ですね。

前のオーナー様によると、フランス製らしいです。

http://www.airinjuku.com/index.html

18110098

月影骨董鑑定帳

先週末は一気に「月影骨董鑑定帖」を読破しました。

主人公みたいな生活に憧れます。

近い将来は、身の丈に合った骨董店で生活したいです。

漆器の修理も、とりあえずできます。

時々、修理依頼もありますので需要があるかも。

それまで勉強の毎日です。

http://www.airinjuku.com/index.html

Rimg0079

ビッグローブでWiMAXのキャンペーンをチェック

2018年1月 9日 (火)

アイヌ民芸品

ヤフオクで落札しました。

アイヌ文様の工芸品です。

子供のころに、柄に同じような文様を施した小刀を見たことがあります。

狩猟をやるおじさんでした。

北海道へ出稼ぎなどもしていた方なので、現地で入手したモノかどうか不明です。

気仙沼の猟師さんの家でも、同じような文様の小刀を見つけました。

新品の小刀に、漆塗りで文様を描いてみようかと思ってます。

http://www.airinjuku.com/index.html

Reuse_analogue3img600x4501479338094

アイヌの世界 (講談社選書メチエ)

新品価格
¥1,620から
(2018/1/8 16:10時点)



2018年1月 8日 (月)

西郷写真

古代よりカシオペアの地は、一言でいえば中央政権に対する抵抗の歴史です。
古くは爾薩体の族長・伊加古が有名です。
伊加古は、最近脚光を浴びている阿弖流為と並び称される古代みちのくの族長です。

平泉の奥州藤原氏につながる安部貞任の一族も、元々はカシオペアの大地を本領としていたようです。
カシオペアの大地を流れる安比川、大字名に見られる安比はその名残とも考えられます。
彼らは天台寺を造るほどの文化的教養を持っていたといわれています。
最終的に平泉の繁栄を築いたのは「安比」の血でした。

中世になると九戸政実が出現します。
政実は豊臣秀吉が国内を統一するにあたり最後に抵抗した戦国武将です。
浅野長政や蒲生氏郷といった一流の武将に対して一歩も引かなかった強者でした。

そんなカシオペアの強者たちですが、実は中央に対する抵抗ばかりではなく開明的な進取の精神を持ちあわせていました。
呑香稲荷神社の神官小保内孫陸もその一人です。
その孫陸の子である定身は、天保5年(1834)に生まれました。
成長と共に盛岡に出て国学を学び、安政3年(1856)23歳の時に江戸へ勉学に登ります。
この頃は尊王攘夷論が盛んでした。定身もまた勤王の志あつく、志士の間を往来し多くの士と交りを結ぶ機会を得るのでした。
特に長州藩の久坂玄瑞や江戸の安積五郎、川本正安と交遊が深くなったのはこの頃のことです。
江戸で学んだ定身は安政6年の秋郷里に帰ることにしました。26歳の時です。

これより先、安政5年(1858)、たまたま長州の小倉謙作、松島剛蔵が福岡にやってきます。
小倉は萩の俊才で、吉田松陰や桂小五郎(木戸孝允)の親友であり、定身とも知友の間柄でした。
小倉は孫陸と計って福岡の青年士族を集めて結社をつくり、これに会輔社と命名しました。
これは論語の「文ヲ以テ友ト会シ、友ヲ以テ仁ヲ輔ス」から引用したものでした。
当時の社員は14名、社長は孫陸と岩舘民弥の二人で、現存する茶室の槻蔭舎が会場でした。
小倉は異様な熱心さで経文を講じたと伝わっています。

しかし翌年10月、吉田松陰刑死の報が伝わるや、「次は余の番なり」といって、北海道に去って行方をくらまします。

まもなく帰郷した定身は、彼の残した詩文を読んで感激します。
定身は時下の急務は人材の育成であると、勤王の諸士と往来しその志を深めると共に、青年の指導に専念しました。
こうしてカシオペアの地にも勤王思想の一拠点が築かれたのでした。

小保内定身は西郷隆盛とも交流があったと伝わります。
西郷隆盛は紛れもなく明治維新の主役の一人です。
文政10(1827)年12月7日、鹿児島城下加治屋町の下級士族の家に生れます。
家が貧しく18歳の時に郡方書役助をつとめて家計を助け多用です。
大久保一蔵・有村俊斎(海江田信義)らと「近思録」を読み、陽明学を学び、師について禅を学びます。
幕末期の農民の窮状にじかに接し、封建社会への疑問を抱いたのでした。

安政元(1854)年に中御小姓となり、藩主・島津斉彬に従い江戸に出て庭方役として仕えます。
その間水戸の藤田東湖、越前の橋本左内らの名士と国事を談ずるほどに成長しました。
この頃は、ペリーの渡来により国情騒然たる時期です。
斉彬の命により京都・江戸の間を往復し、将軍継嗣に一橋慶喜擁立の運動に奔走しますた。 
しかし井伊直弼が大老に就任し、安政条約調印、紀州の慶福を将軍継嗣に決定して反対派弾圧のために安政の大獄を起しました。

安政5(1858)年、斉彬の病死にあたり殉死を考えます。
安政5年11月、月照と共に錦江湾に身を投じましが、隆盛だけ蘇ます。
生し菊池源吾と変名をつけられけ奄美大島に流されます。
当地で蟄居のあいだは地元の過酷な砂糖取り立ての惨状に抗議し、代官相良角兵衛に行政改善を訴えてこれを認めさせています。

3年後の文久2年召還されて帰藩し、大島三右衛門と名乗り徒目付・庭方兼務となります。
このとき藩主忠義の実父久光が藩内の尊攘派を押さえ、朝廷と幕府に薩摩の国威誇示を画策しようとします。
隆盛はこれを無視して上洛し、そのことが原因で光久の逆鱗にふれて6月に徳之島、次いで南の沖永良部島に流されました。

2年後の元治元(1864)年2月に赦され、7月の蛤御門の変(禁門の変),第一次長州征伐では薩摩藩代表として陣頭指揮をとります。
この功により藩から西郷復姓を許さました。

第二次長州征伐の起る頃、土佐の坂本龍馬の斡旋により長州藩の木戸孝允らと薩長連合の盟約を結びます。
慶応3(1867)年に武力討幕の方向をとり12月9日の王政復古の大号令を出します。
続く明治元(1868)年正月の鳥羽伏見の戦いで幕府を追い込み、やがて大総督府参謀となって東下しました。
幕府方の勝海舟と折衝して江戸城の無血入城を実現しました。
戊辰の内乱終息後、明治2年に王政復古の功臣として賞典禄永世二千石を賜ります。
正三位にも叙せられたが帰藩し鹿児島藩大参事となって藩政改革に当たりました。

明治4(1871)年に上京して参議となり廃藩置県を断行し、陸軍元帥兼近衛都督・陸軍大将に就任します。
明治6年、征韓論が起ると自ら遣韓大使になることを主張します。
しかし米欧巡回から帰朝した岩倉・大久保らの反対によって敗れ、同志の参議板垣退助・江藤新平らと下野して鹿児島に帰ります。

明治7(1874)年6月、士族子弟の教育のための賞典学校,吉野開墾社などの教育機関「私学校」を創設しまします。

しかし私学校内には篠原国幹の監督する銃隊学校,村田新八の砲隊学校が組織されていました。
その経費自体も鹿児島県庁から公然と支出されていたため、これらを政府は危険なものと考えます。
明治10年に西南戦争が勃発します。
薩摩は桐野利秋,篠原国幹らの主導により戦闘が行われ、隆盛自身は一度も指揮をとることなく黙って彼らに従ったと伝えれています。
西郷は9月24日に城山で自刃します。享年51歳でした。
この役に関わったため官位を失いますが、明治22年に正三位に復し明治35年には嗣子が侯爵になります。
墓は鹿児島市上竜尾町浄光明寺にあります。 まさしく維新の最大の功労者といえます。

西郷隆盛といえば上野の銅像や教科書に載っていた肖像画を思い浮かべますが、実はそれらは西郷本人ではありません。
それどころか西郷隆盛の写真は1枚も残っていないのです。
明治32(1899)年、銅像の除幕式に列席していたイト未亡人は、「うちの人はこげん人じゃなか!」と言ったそうです。
この発言については、当時の士族が膝までの着物に兵児(へこ)帯という格好はしないと言う意味だったという説と、単純に顔が違うという意味だったとする説があります。

続  く

Kikou111

消された「西郷写真」の謎: 写真がとらえた禁断の歴史

中古価格
¥180から
(2018/1/8 11:56時点)

岩手県教育史資料 第19集

個人的に貴重だと思える資料を入手しました。

「岩手県教育史資料 第19集」です。

この中で、以前から疑問だった幕末期にどのような人物が「會輔社」にやってきて、教鞭を執ったかが記録されていました。

・長州藩 小倉健作
・常陸麻生藩 吉田房五郎
・備前 関口黙二(詳細不明)
・佐賀藩 島義勇
・佐賀藩 犬塚与七郎
・相馬藩 大越慎八郎(後の滋賀県令)
・村上藩 長尾秋水
・松山藩 菊池春枝(詳細不明)
・幕臣  阿部清蔵(大日本史の大家)
・幕臣  山東一郎(山東昭子の祖父)
・江戸  松浦武四郎
・福岡藩 白河源有(詳細不明)
・福岡藩 村田半左衛門(詳細不明)

明治になると、木戸孝允も小保内定身宅を訪れています。

カシオペア連邦の歴史上、他者にもっとも影響を与えた人物が下斗米将真ではないかと以前に書きました。

藤田東湖、吉田松陰も認めた下斗米将真。

その流れをくむ會輔社に、幕末の志士が訪れたのは歴史の必然だったのでしょうか。

http://airinjuku.jp/kikou/h26/kikou37.html

0707

オンライン限定!30,000円キャッシュバック【SoftBank Air】


アイヌ マキリ

子供の頃の記憶で「マキリ」という言葉を覚えています。

肉を捌いたり、山菜を採取するときに使う刃物です。

同じような物に、小刀と呼ばれる物がありましたが、大人たちは区別して使っていたように思います。

そして、大人になってから「マキリ」がアイヌ語だと知りました。

確かに大人が使っていたマキリには、何らかの紋様があったように思います。

画像はヤフオクで見つけたアイヌの小刀マキリです。

紐部分には鹿角が使われています。

サイズ 全長 25.5cm 刃 11cm 柄 11.5cm

お小遣いが貯まったら購入したいです。

カシオペア歴史研究所

18010601_4

アイヌ紋様 エリマキ 彫刻 ロウ引き紐 携帯ストラップ|ウッドカービング|カムイ|神威|北海道|手彫り|和柄【メール便対応可】

価格:1,512円
(2018/1/6 12:35時点)
感想(0件)

2018年1月 7日 (日)

漆掻きのむら

福岡の町で金物屋をしている田中さんの先代が、越前から二十人くらいの漆掻き職人を連れてきて、漆掻きするようになったのは日露戦争の頃であった。

越前から一ヶ月ぐらいかけて歩いてやって来た。

当時二戸や三戸には300人ぐらいの職人がやってきたようだ。

漆掻き用の道具は越前から取り寄せて使った。

昭和10年頃になると、漆の木は著しく減少した。

浄法寺や上斗米などでは植え付けて育成したが、衰退の一途だった。

浄法寺には100人以上、上斗米村には50人ぐらいの職人がいた。

藩政時代には、苗の育成から栽植、保護など山林行政のなかでも、重要な位置を占めていたことは、漆立ち奉行が置かれていたことでもわかる。

漆の木は、業者が買い求めて掻き子の掻かせる場合と、掻き子が直接木を買い取って掻く場合がある。

木の値段は「四十匁たれ」というのが標準になる。

四十匁というのは、だいたい二十年の木から採取できる量である。

漆掻きには、時期と方法によって区別があった。

掻き取った漆は、たいていは大阪方面に売り捌いていたことが古い記録に残っている。

(参考文献 高橋九一 むらの生活史)

http://www.airinjuku.com/kikou/kikou050.html

Kikou50

黒塗椀 浄法寺御山御器

浄法寺地方で庶民向けに作られていた御器。

御器は「ゴキ」と読みます。

東京の杉並に嫁ぎます。

使用感がありますがこのままでも使えそうです。

使っているうちに独特の輝きが出てくると思います。

手入れは、毎日水で濡らして乾いた布で拭くだけです。

カシオペア歴史研究所

Hiroyuki_kobuneimg640x4801510977611


秀よし 金瓢 黄金乃ひょうたん酒 金箔入り 1800ml[秋田県]【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】お酒/日本酒/金粉/お祝い/お誕生日/還暦/お年賀/お年始/母の日/父の日/敬老の日/ギフト/お中元/御中元/御歳暮/お歳暮/御年始/御年賀

価格:5,239円
(2018/1/6 12:07時点)
感想(33件)


2018年1月 6日 (土)

昭和のバイク雑誌 W1他

昭和のバイク雑誌を出品します。

オートバイ68年6月号です。

程度は年式を考えれば良好です。

広告を見ているだけでも楽しいですね。

http://www.airinjuku.com/index.html

Hiroyuki_kobuneimg640x4801514545040

KAWASAKI (カワサキ純正アクセサリー) Kawasaki RacingTeam Tシャツ J89010673

新品価格
¥2,998から
(2018/1/6 17:53時点)

最後の帝国軍人

日本が台湾を統治していた時代に、彼は志願兵として日本の軍人になった。
そのとき名前は「中村輝男夫」である。
台湾アミ族出身で、本名をスニヨンと言った。
生まれたのは大正8年(1919)である。
中村輝男は日本陸軍の南方作戦で高砂義勇隊一等兵としてモロタイ島で戦った。
日本の敗戦後、台湾にやってきた国民党政府は戸籍整理を行い、本人が知らないまま「李光輝」と名付けられた。

彼は敗戦を知らずに戦い続けた。
タイ島の密林の奥で逃亡生活を送り、ついに発見された時は57歳になっていた。発見されたときに最初に発した言葉が、「ニッポンテイコクリクグンウットウヘイナカムラテルオ」だった。

故郷の台湾に戻った時、妻・李蘭英(日本名・中村正子)は生活のために51歳の農夫と再婚していた。
三角婚姻である。その第二夫(黄金木)、そして子供たちとの葛藤の後に、彼は妻と子供たちと一緒に暮らすことになった。

日本国民として天皇陛下に拝謁して故郷に凱旋したいという思いが、中村輝男にはあったのだろうが、日華平和条約で台湾出身者は日本国籍を自動的に離脱した格好になっていた。

更に帰国した昭和49年(1974)12月は日華団交後であり、台湾との国交は閉ざされていた。そして台湾では戒厳令の真っ只中であり、日本政府は「筋を通すこと」よりも「波風を立てないこと」を選択した。

日本政府は、中村輝男に対しては概して冷たい事務的な態度で臨んだと言う。
グアム島から帰った横井軍曹は政府と民間から2400万円、ルバング島から帰った小野田少尉は手記その他で3500万円ほどを手にしたことと比べると、本当に申し訳ない気持ちである。

日本政府は、出征後32年分の恩給を支給し、過去に遡及して一等兵から兵長に二階級特進をさせたのはせめてもの罪滅ぼしのつもりであろうか。

故郷では、古い友だちや訪問客の相手をして酒を飲み、タバコを吸って豊かだが満たされない日々をおくった。蒋経国の総統就任式にアミ族の祝賀隊の先頭にもたった。

昭和54年(1979)に61歳で、スニヨン、中村輝夫、李光輝という3つの名前を余儀なくされた彼は肺がんでなくなった。

「日本は負けてはおりません。自分は日本に帰りたい」と彼は最後まで思っていたのかもしれない。


カシオペア歴史研究所

Kindaisi008

しゃちブレンド・プレミアムブレンド珈琲2kg入セット(鯱×4)/珈琲豆

価格:3,670円
(2018/1/6 11:47時点)
感想(2412件)

日光パン

地元の名物・日光パンです。

ともかく甘いお菓子です。

高校生の頃は、これと牛乳でおやつにした物でした。

いまでも時々食べたくなります。

ぜひご賞味下さい。

カシオペア歴史研究所

Nikkoupan

【二戸高原農場】幸せの黄色い雑穀おはぎ8個入り(黒×4個、黄×4個)岩手県産雑穀きび使用 無香料・無着色

価格:1,500円
(2018/1/6 11:41時点)
感想(1件)

2018年1月 5日 (金)

京金

男前ならぬソバ前の良さに惚れる店と紹介されてます。

杉浦さんは銭湯に似ていると書いています。

酒は全国の酒を取り揃えているらしい。

創業は江戸末期天保年間、約170年ということ。

せいろをいただきたいです。

カシオペア歴史研究所

Kyoukinn547r5r

【そば 半生へぎ蕎麦 送料無料 蕎麦】越後十日町 小嶋屋 皇室献上へぎ蕎麦半生そば 110g4束つゆ付【蕎麦 贈答品 グルメ お中元 お歳暮】

価格:2,700円
(2017/12/24 16:18時点)
感想(37件)

とやま

富山の薬売り。

先用後利で全国を歩きました。

落語で「先用後利」を聴いて、子供の「とやま」を思い出しました。

薬売りのことを「とやま」と呼んでましたよね。

お土産も楽しみでした。

紙風船がなぜか鮮明に残ってます。

富山の薬売りの販売システムは、モンゴルや東南アジアに輸出されているようです.

http://www.airinjuku.com/index.html

Toyamagusuri73746

反魂丹の文化史―越中富山の薬売り (1979年)


2018年1月 4日 (木)

鉄錆絵会津

幕末から大正期かけて、浄法寺で漆塗り工房を構えていたお宅で保管していたお椀。

同じものがヤフオクで出品されてました。

会津で作られたものだったんですね。

もしかしたら、見本を送って浄法寺に製作を依頼したものかも。

技術的には、けっこう手間がかかりそうです。

会津ではいまも技法は残っているんでしょうか。

カシオペア歴史研究所

1514949662_22692_51

蕎麦煎餅(会津産・十割蕎麦)5枚×4個セット


2018年1月 3日 (水)

松本市 中町 漆器 / 伊原漆器

正月はyoutube三昧。

漆器店を検索していたら、訪問したことのある漆器店を見つけました。

なんとなくうれしいです。

井原漆器

輪島塗 合鹿椀 うるみ WA10-5

新品価格
¥31,314から
(2018/1/4 16:20時点)

2018年1月 2日 (火)

松本市 大手 古書店 / 青翰堂(せいかんどう)

松本の古書店。

なぜ松本にあったか不思議でしたが、youtubeで公開されてましたね。

デジタル全盛の時代ですが、古書の魅力にはかないませんね。

古書店巡りしてみたいですね。

松本市 大手 古書店 / 青翰堂(せいかんどう)

「ビブリア古書堂の事件手帖」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,050から
(2018/1/4 16:08時点)

2018年1月 1日 (月)

吾妻橋やぶ蕎麦

さりげない佇まいと「蕎麦で憩う」で紹介されたお店です。

つまみの焼き海苔がお勧め。

酒は菊正。

酒を頼めば蕎麦味噌が出てくるらしい。

お勧めは胡麻蕎麦とのこと。

浅草の隠れ家だそうです。

カシオペア歴史研究所

7tt6gdtvh

年越しそば 信州の生そば 4人前 本わさび丸ごと1本・信州天然のうまい水・そばぶるまい特製蕎麦つゆ 付

価格:3,620円
(2017/12/24 16:06時点)
感想(3702件)

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31