« 鯨肉で一杯 | トップページ | 判じ絵の看板 »

2018年1月31日 (水)

漆器を捨てた戦後の日本

何度読み直しても新鮮な発見がある本です。

海外にある古い漆器を、古さを残したままで修復する技術は、この筆者しかできないようです。

海外には、古いものを修理する専門職があるとのことですね。

漆器が廃れた一番の原因を、高度成長期に大量発注の対応のためにベークライト+科学塗料で漆器もどきを作り始めたことにあると断言しています。

現在でもその傾向は続いています。

業界関係者にはぜひ読んで欲しい本です。

http://www.airinjuku.com/

Sarayabook

民藝の教科書3 木と漆

« 鯨肉で一杯 | トップページ | 判じ絵の看板 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漆器を捨てた戦後の日本:

« 鯨肉で一杯 | トップページ | 判じ絵の看板 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31