« 漆掻きのむら | トップページ | 岩手県教育史資料 第19集 »

2018年1月 8日 (月)

アイヌ マキリ

子供の頃の記憶で「マキリ」という言葉を覚えています。

肉を捌いたり、山菜を採取するときに使う刃物です。

同じような物に、小刀と呼ばれる物がありましたが、大人たちは区別して使っていたように思います。

そして、大人になってから「マキリ」がアイヌ語だと知りました。

確かに大人が使っていたマキリには、何らかの紋様があったように思います。

画像はヤフオクで見つけたアイヌの小刀マキリです。

紐部分には鹿角が使われています。

サイズ 全長 25.5cm 刃 11cm 柄 11.5cm

お小遣いが貯まったら購入したいです。

カシオペア歴史研究所

18010601_4

アイヌ紋様 エリマキ 彫刻 ロウ引き紐 携帯ストラップ|ウッドカービング|カムイ|神威|北海道|手彫り|和柄【メール便対応可】

価格:1,512円
(2018/1/6 12:35時点)
感想(0件)

« 漆掻きのむら | トップページ | 岩手県教育史資料 第19集 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイヌ マキリ:

« 漆掻きのむら | トップページ | 岩手県教育史資料 第19集 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31