« 勤王の志士たちを見つめた捏ね鉢 | トップページ | 蕎麦 »

2018年1月13日 (土)

矢羽根で珈琲

倉庫の中から蕎麦猪口を出してきました。

お気に入りの矢羽根文様です。

明治期の物かと思いますが、程度もよく残っています。

矢羽根は海外でも人気が高いようで、20年ぐらい前に20個ぐらいドイツに嫁ぎました。

今でも使ってくれてるようです。

http://www.airinjuku.com/index.html

Rimg0041

寄木細工いづみや 寄木鉄木夫婦箸 矢羽

« 勤王の志士たちを見つめた捏ね鉢 | トップページ | 蕎麦 »

珈琲・喫茶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢羽根で珈琲:

« 勤王の志士たちを見つめた捏ね鉢 | トップページ | 蕎麦 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31