« アイヌと漆器 | トップページ | 漆の実 »

2018年1月29日 (月)

三方よし

「三方よし」

近江商人の言葉です・

浄法寺の漆を考える上で、天正年間の蒲生氏郷をはずせません。

一説には、当時の浄法寺から椀を持ち帰り、会津の箔椀を作らせたとも7わっています。

また、近江から会津に移った木地師たちが浄法寺にも安い木地を売ったとも伝わっています。

浄法寺の古い塗師の家に、日乃ものといわれる木地が有ったといいまする

おそらく日野の木地と想像します。

シルクロードの例を見るまでもなく、人類の物流は地球規模で行われています。

江戸期の盛岡藩では、近江商人が幅を利かせていたという研究結果もあります。

近江商人を調べてみたいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

20180120173834a4f

【送料無料・あす楽】【忘年会 新年会 歓迎会 イベント景品】 特選近江牛目録ギフト 1万円コース松阪牛・神戸牛と並ぶ国産黒毛和牛の近江牛を本場滋賀県から直送でお届け!景品 ゴルフコンペ 歓迎会 送迎会【翌日配達】抽選会 パーティー 肉

価格:10,800円
(2018/1/22 13:40時点)
感想(5件)

« アイヌと漆器 | トップページ | 漆の実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三方よし:

« アイヌと漆器 | トップページ | 漆の実 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31