« 大乃国 | トップページ | がんこ一徹屋 »

2018年1月15日 (月)

一戸の竹細工

岩手県一戸の手提げ篭である。昔ながらの形をしているが、これは竹細工ならではの形である。

しっかり編み上げてあり、頑丈で安定した姿をしている。夏となると、どうもこうした竹製品がいい。

竹を編んであるので風通しが良いせいだろうか。ともかく竹細工は夏の物である、

ちかごろ竹細工も芸術の分野に入り、竹芸家などという人がおり、小さな籠の花入れ一つ、びっくりするような高額で売っている。

竹細工というものは手易いようで奥深く、やはりそこには年季が要る。その技術は芸術と結びついて竹芸などという生まれたのであろう。

これは決して芸術品ではない。文字通りの実用品だが、何となく日本の夏にはふさわしい形をしている。

(参考文献 日本の民芸 通巻334号)

http://www.airinjuku.com/kikou/kikou.html

Kikou51

岩手県鳥越地区の竹細工【岩手県二戸 鳥越竹細工】スズ竹 市場かご 尺三(W40cm)【あす楽対応】【RCP】

価格:10,260円
(2018/1/15 12:36時点)
感想(29件)

« 大乃国 | トップページ | がんこ一徹屋 »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一戸の竹細工:

« 大乃国 | トップページ | がんこ一徹屋 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31