« 浄法寺の馬刺し | トップページ | 干し柿食べたい »

2018年2月20日 (火)

平椀の塗り直し

漆の里として知られる岩手県二戸市浄法寺町周辺で使われていた平椀です。

俗に言う御山御器です。

時代は明治期かと思われます。

塗り直してみました。

使っているうちに独特の輝きが出てくると思います。

ちょっと小さめの抹茶椀として使っても面白そうです。

手入れは、毎日水で濡らして乾いた布で拭いて下さい。

半年後ぐらいには独特の風合いが出てきます。

千葉県に嫁ぎます。

http://www.airinjuku.com/index.html

Hiroyuki_kobuneimg640x4801517033033


T【茶道具 セット】 初心者さん向け本格派お試し6点セット 【宅配便配送】 ptx(z) 【 抹茶 ギフト 茶筅 茶碗 茶杓 】

価格:3,980円
(2018/2/17 19:51時点)
感想(603件)


« 浄法寺の馬刺し | トップページ | 干し柿食べたい »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平椀の塗り直し:

« 浄法寺の馬刺し | トップページ | 干し柿食べたい »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31