« 陣場台熱球録 #35 | トップページ | 漆の産地 »

2018年2月16日 (金)

古式椀を復活した頃

いまから30年ぐらい前に完成した器と対面です。

古式浄法寺椀を復刻したばかりの頃です。

二戸駅前の「かくしめ食堂」の店主が、大切に使っていた器を参考に復活しました。

今は、その食堂もありません。

なんか今よりも塗りの質感が良いですね。

時代の経過なんですかね。

ぜひ、この器で地元の蕎麦や「ひっつみ」を食べてください。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

Jojojoboujiwann

絵付け浄法寺椀 「蓬莱之図」 浄法寺塗 浄法寺漆器

価格:48,600円
(2018/2/15 14:56時点)
感想(0件)

« 陣場台熱球録 #35 | トップページ | 漆の産地 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古式椀を復活した頃:

« 陣場台熱球録 #35 | トップページ | 漆の産地 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31