« 大津絵 | トップページ | 山武組座操ラベル »

2018年3月 1日 (木)

桑茶

二戸地域の特産品「桑茶」

お茶として吞むのも良いですが、チャーハンなんかに野菜の代わりで使ってもおもしろですよ。

桑をえさにする蚕は、地元では「トドッコ」と言います。

50年ぐらい前は、近所の友人宅で飼っていました。

桑の葉を食べる音が、夜中に聞こえてくると、何となく怖かったです。

繭玉から絹を紡ぐ技術は、日本の女工が最高だそうです。

戦後の歴史教育では、女工哀史的な面で語られる蚕です。

しかし、当時の一般的な大工よりも稼ぐ女工があっったようです。

残されている資料からも、そのことは十分予想されますね。

カシオペア歴史研究所

Kuwatya


【更木ふるさと興社】桑茶100g 岩手県産桑の葉茶100%使用 茶葉タイプ

価格:1,080円
(2018/3/1 13:43時点)
感想(6件)


« 大津絵 | トップページ | 山武組座操ラベル »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桑茶:

« 大津絵 | トップページ | 山武組座操ラベル »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31