« 桑茶 | トップページ | 琴錦 »

2018年3月 2日 (金)

山武組座操ラベル

以前に、謎の紙ラベルについてブログに書きました。

山武組座操ラベルですが、明治以降輸出用絹糸につけられていたラベルかと思います。上総国、今の外房の山武市辺りで機械製糸より品質の良い座繰りという手仕事で紡がれた絹糸につけたラベルではないかと思われますがいかがでしょうか。

以上のような情報が寄せられました。
その情報を頼って、下記のサイトを見つけました。

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-7b23.html

謎だったものが、こうして判明するのはうれしいものです。

情報を寄せてくださった皆様、ありがとうございました。

Et_f0165


カシオペア歴史研究所

ビッグローブでWiMAXのキャンペーンをチェック

« 桑茶 | トップページ | 琴錦 »

紙モノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山武組座操ラベル:

« 桑茶 | トップページ | 琴錦 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31