« 古漆器が捨てられた | トップページ | 永平寺町の浄法寺「 »

2018年4月15日 (日)

片口の鑑定依頼

古い片口の鑑定依頼がありました。

結論から言うと、生産地はわかりません。

絵柄や形状で、何となく「どこどこ系統」ぐらいまでです。

人類の歴史上の定めとして、より便利でより単純な形状に落ち着くようです。

それと物流の広がりは、予想以上のモノがあると思います。

1000年前に、岩手県に中東モノがあったとしても、特に驚きません。

歴史が証明しています。

骨董浄法寺モノ

Joboji110


« 古漆器が捨てられた | トップページ | 永平寺町の浄法寺「 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片口の鑑定依頼:

« 古漆器が捨てられた | トップページ | 永平寺町の浄法寺「 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31