ウェブページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

浄法寺冷麺

浄法寺の冷麺は独特でした。

数年前に名店が廃業して寂しかったのですが、盛岡で復活です。

先日、久しぶりにいただきましたが、安定のおいしさです。

ぜひご利用ください。

https://youtu.be/L5FaGsKd8Ag

5afac4a4


2018年6月26日 (火)

修理完了

2月から修理を始めたマグカップ。

やっとお渡しできる状態になりました。

漆器の良いところは、こうして直して使うほど丈夫になることです。

大切に使って欲しいです。

https://youtu.be/aTrUZg95TXw

Rimg0002_2

2018年6月25日 (月)

巾着と酒器

漆塗りの酒器が3個出てきました。

携帯用に巾着を用意しました。

これで粋に日本酒をいただいて下さい。

巾着も良いですよ。

100年前の鉄鉢椀の塗り直しも着手。

お楽しみに!

https://youtu.be/aTrUZg95TXw

Iimg640x4801529798599pbsgex1639766


2018年6月24日 (日)

各地の漆伝説 宮崎県児湯郡西米良村

宮崎県児湯郡西米良村。

写真でしか見たことがありませんが、山深い郷と感想です。

確かに漆の文化があったことが想像されます。

源日本はこの地方にあったかもしれませんね。

https://youtu.be/yNnXsYEgmOY


Rimg00181


2018年6月23日 (土)

長万部の駅弁

長万部の駅弁「かにめし」

美味かったのを覚えてます。

2個食べたはずです。

新幹線開業で、北海道が近くなりました。

再訪をしたいです。

https://youtu.be/pSzUevTdSuo

61pc4fhe0al__sx425_

【産地直送・産直の庭限定】北海道・長万部駅 駅弁 かにめし 4食

新品価格
¥5,599から
(2018/6/23 09:16時点)

2018年6月21日 (木)

不思議な刃物

二戸地方から出てきた不思議な刃物。

誰も用途が解りません。

漆関係の物としたら、新発見?かもしれません。

おわかりの方は教えて下さい。

https://youtu.be/CVgz53P1Tvg

Img_1


時代椀 朱 浄法寺塗 浄法寺漆器 【受注生産】 お椀 民芸 民藝 きょうの料理

価格:12,960円
(2018/6/21 19:02時点)
感想(1件)


2018年6月20日 (水)

友人が一戸にやってきます。

昼飯と言うことで、奥中山の雅を紹介しました。

https://youtu.be/5cVFZdEK-Ow

ボリューム満点でお勧めのお店です。

国道4号線、奥中山を通るときはご利用ください。

2018年6月16日 (土)

かもめの水兵さん

かもめの水兵さん。

有名な同様です。

作詞者が二戸に関係にある方でした。

詳細は分かりません。

お分かりの方は教えてください。

https://youtu.be/sCQDiY2rcnk

Yjimageqla3102j

米軍が恐れた「卑怯な日本軍」 帝国陸軍戦法マニュアルのすべて (文春文庫)

2018年6月15日 (金)

鳥越の竹細工

県北地方の竹細工の有名なのは、一戸町の鳥越である。ここには次のような伝説がある。それによると、このむらの鳥越観音を開いた慈覚大師が、大同二年に諸国行脚の途中に、鳥越山に住む大白蛇退治して、里人の難儀を救ったとき、その白蛇の輝く鱗から思いついて、竹の編み方を工夫し、それを里人に伝授したといわれている。

この鳥越のほかに近在には、尻子内、夏間木、似鳥、下斗米などの村むらも竹細工をやっている。この地方一帯にこのような竹細工の村が多いことは、この地方特有のスズタケが山に自生しているからである。藩政時代にも南部特産の竹細工として、この地方の竹細工が知られていた。明治になってから、改良を加えて販路も関東から北海道に及ぶようになり、昭和になってからは、豊富な高地の根曲竹を利用して、小物ばかりでなく家具まで製作するようになり、その販路も年と共に増加し、国内はもちろんのこと、現在では国外からの注文もあって、その求めに応じかねている、という状況にある。

https://youtu.be/AMBr3AXdmNI


Kikou56


手持ち籠 【山菜屋 次郎長さん】

価格:13,500円
(2018/6/15 18:56時点)
感想(0件)


2018年6月14日 (木)

マルカンのソフト

花巻名物のマルカン食堂。

そこのソフトクリームは素晴らしいですよ。

ぜひ食べてみて下さい。

箸で食べるのが、地元民の常識です。

https://youtu.be/IhOh-eRcIF4

Th


2018年6月13日 (水)

味噌たれ

江戸初期は、蕎麦は味噌たれでだべられていたようです。

岩手の田舎でも、昭和40年代初期は味噌で食べる風景が残っていました。

先日、母親から聞いて作ってみたら、以外に美味かったです。

地元の新メニューにできそうです。

器は、当然浄法寺漆器です。

https://youtu.be/jfIsX3e9YcE

Dcim0685

時代椀 朱 国産100% 浄法寺塗 浄法寺漆器 【受注生産約8ヶ月】 お椀 民芸 民藝 きょうの料理

価格:21,060円
(2018/6/13 09:04時点)
感想(3件)

2018年6月12日 (火)

合鹿椀で蕎麦を食べたい

浄法寺椀とともに心惹かれるのが合鹿椀です。

手にもなじんで、素晴らしい椀です。

中世には、もしかしたら椀木地をを売る歩く集団があったかもしれませせんね。

ともかく古椀を集めてみたいです。

https://youtu.be/85Ged1M98Zw

Yjimagezzk7pcn9


【送料無料】 合鹿椀 溜塗り 畠中作 (越前漆器 木製 漆塗り 国産 お椀)

価格:9,800円
(2018/6/12 16:27時点)
感想(0件)


2018年6月11日 (月)

天台寺の太鼓

2018年6月10日 (日)

味噌だれ

江戸期には、味噌だれで蕎麦を食べていたようです。

浄法寺でも、昭和40年頃までは、醤油もありましたが、味噌だれもありました。

今食べてみましたが、十分に美味しいです。

新しい名物になりそうです。

https://youtu.be/jfIsX3e9YcE

Kakushime03


父の日 信州の生そば 4人前 安曇野産本わさび丸ごと1本・信州天然のうまい水・そばぶるまい特製蕎麦つゆ 付

価格:3,620円
(2018/6/10 17:49時点)
感想(3742件)


2018年6月 9日 (土)

浄法寺漆器の紹介

浄法寺の漆を紹介です。

世界で浄法寺でしか表現できない世界があります。

まさしく浄法寺の漆は、世界に誇る漆です。

ぜひ、何かの機会にご利用ください。

https://youtu.be/VA1b9nhRkZQ

Iimg1200x7021524047141ckoqh11799371

時代椀 朱 浄法寺塗 浄法寺漆器 【受注生産】 お椀 民芸 民藝 きょうの料理

価格:12,960円
(2018/6/9 11:12時点)
感想(1件)

しぐれ煮

二戸駅の駅弁。

しぐれ煮弁当です。

牛蒡が良い味付けになっています。

冷えても美味いです。

ぜひご利用下さい。

https://youtu.be/KExrmtf--So

O0405072012559031436

いかめし1袋2尾入×5袋【まるも食品】北海道森町名産!北海道の駅弁でも絶大な人気!【函館名物】イカ飯【マルモ食品】いか飯 北海道の郷土料理 烏賊飯【うるち米 もち米】真烏賊使用【送料無料】

価格:3,860円
(2018/6/9 08:28時点)
感想(17件)

2018年6月 7日 (木)

今東光

昭和45年頃の天台寺は荒れ放題でした。
草はボウボウと生い茂り、寺院内は酒瓶が転がってました。

それが劇的に変わったのが今東光大僧正の住職就任だったような気がします。


昭和51年1月、今東光大僧正が中尊寺と兼務ながら天台寺の住職に就任することが決定します。

古代に安倍頼時の娘を娶った藤原経清。
そんな歴史的結びつきを彷彿させます。
安倍頼時の故地を二戸地方の「安比」地区とする説もあり、そうすると中尊寺と天台寺との歴史的繋がりも理解しやすくなります。


4月9日に晋山式が行われ、私も中学生でしたがなぜかその場を目撃する場に居りました。

40年以上前の思い出です。

https://youtu.be/1kNBSzuXje8

Kikou29

2018年6月 6日 (水)

竹細工

二戸地方にある特産品。

竹細工です。

実用にも大丈夫です。

コレクターを知っていますが、50年前のものを大切に使っています。

素晴らしい色合いです。

https://youtu.be/AMBr3AXdmNI

Kikou51


二戸地方 方言

ホンズナシ

二戸地方の方言です。

皆様の地域では、どのように表現しますか。

全国的に同じような使い方がされるようです。

https://youtu.be/1Gbb-V1Dicg

Seki2


2018年6月 5日 (火)

花岡旅館の鶏飯

これまで食べた駅弁の中で、間違いなく上位にランクされるのが花岡旅館の鶏飯。

といっても、二度しか食べてません。

掛け紙も素敵です。

花輪線に揺られながら、ワンカップ片手に、食べに行ってみたいです。

https://youtu.be/W_4iL1sI1FU

547


2018年6月 3日 (日)

二戸駅の駅弁

二戸駅の駅弁。

しぐれ煮です。

意外に好評です。

牛蒡が良い味を出しています。

ぜひ食べてみてください。

これで駅蕎麦があれば最高です。

新幹線開業当時は駅蕎麦ありました。

復活を望みます。

https://youtu.be/KExrmtf--So

Yjimage


2018年6月 2日 (土)

テキスト動画で紹介

古い浄法寺漆器をテキスト動画で紹介しています。

古い浄法寺漆器をよろしくお願いします。

塗り直せば新品になります。

技術も伝承されます。

エコです。

木地もしっかりしています。

https://youtu.be/L1LZBIb7UMA

Amtj_h211img500x3881485368810g0kop4


« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »