« 二戸市浄法寺町 石橋煎餅 | トップページ | 櫛引河内守清長 »

2018年8月24日 (金)

南部美人

岩手県二戸市にある蔵元南部美人は、地元岩手県産の酒米(「吟ぎんが」「ぎんおとめ」など)を中心に使っています。

こうした地産を重視した高品質な酒造り、輸出や海外コンテストへの出品のほか、南部杜氏が酒造りのノウハウ(酒米の種類や精米歩合、気温に合わせた吸水時間の決定など)を人工知能(AI)に学ばせて継承するといった新しい取り組みを行っています。

5代目蔵元である久慈浩介氏が、酒造りのかたわら、PR・プロモーション、海外市場開拓など渉外活動に熱心に取り組んだ結果、岩手の清酒でも知名度の高い銘柄の一つとなりました。

南部美人は、日本航空のファーストクラスやエティハド航空とエミレーツ航空の機内酒として採用されています。

東日本大震災の際は、花見自粛ムードがある中、同じ東北地方のいくつかの蔵元とハナサケ!ニッポン!の共同サイトを立ち上げ、YouTubeに、過度の消費自粛による東北地方の経済的二次被害の惨状を訴える動画を投稿しました。

南部美人の代表銘柄を紹介します。

大吟醸 大吟醸初ぼしり
大吟醸 限定大吟醸 生
大吟醸 純米大吟醸
大吟醸 大吟醸純米仕込
大吟醸
純米吟醸 ひやおろし生詰原酒―無濾過
純米吟醸 生
純米吟醸 吟ぎんが
純米吟醸
特別純米酒
特別純米酒 夏のにごり酒(7月販売)
吟醸酒 吟醸しぼりたて生原酒
本醸造
本醸造 辛口
本醸造 本生酒
本醸造 生貯蔵
創業は明治35年です。

酒銘は「南部美人のごとく美しい酒」をイメージしてつけられました。

従業員からは、「酒が好き!酒造りが好き!」というオーラが全身からほとばしっています。

「自分が好きな酒、うまいと思う酒だけを造る。最もゆるせないのは、この世にまずい酒が存在すること。人の輪が、良い酒を醸す。だから本当に好きな酒を、みんなで力を合わせて、明るく楽しく元気良く造るのがモットーです。」

もちろん酒質レベルは高く、岩手県で最も多く、全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています。

久慈のホヤでいただく南部美人は最高です。


ホームページURL
http://www.nanbubijin.co.jp/

住所
岩手県二戸市福岡上町13

電話
0195-23-3133

https://youtu.be/jNjdUA1avcQ

Bg_products


東北地酒特別純米酒日本酒4本セット2 (岩手県南部美人 福島県奥の松酒造 )720ml×4本

新品価格
¥6,784から
(2018/8/24 12:12時点)


« 二戸市浄法寺町 石橋煎餅 | トップページ | 櫛引河内守清長 »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部美人:

« 二戸市浄法寺町 石橋煎餅 | トップページ | 櫛引河内守清長 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31