« コーヒーカップ | トップページ | 猿田彦 »

2018年8月 6日 (月)

富山の薬

秋深く 今年も来たぞ 薬売り 土産わくわく 童あつまる


昭和40年代、岩手の田舎では、各集落に薬売りがやってきました。

決まった時期に来ていたように思います。

ある時は一泊して言ったように思います。

薬売りのことは「とやま」と言っていました。

先用後利や富山の薬売りのことは、後日知ることとなります。

日本の先人が考えた、素晴らしい仕組みです。

富山の薬売りは、販促品に珍しいおもちゃをくれた物でした。

それを目当てに、近所の子供達が自然と集まります。

今の日本に大切な何かがあるような気がします。

https://youtu.be/nLOWcmtcVRU

« コーヒーカップ | トップページ | 猿田彦 »

俳句かな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山の薬:

« コーヒーカップ | トップページ | 猿田彦 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31