« 古道具 | トップページ | 手引きろくろの椀を発掘 »

2018年8月29日 (水)

栃木県大田原市は黒羽藩があった土地です。

その家臣に浄法寺某がいます。

法寺 高勝は、黒羽藩の城代家老で俳人。松尾芭蕉の門下で俳号を桃雪と号したようです。

元禄2年(1689年)4月4日、松尾芭蕉と曾良を自邸に招きます。

弟の豊明とともに歓待し、芭蕉は豊明邸を含め足かけ14日間逗留しており、これは奥の細道の中で最も長い滞在だそうです。

黒羽藩の城主は大関氏で、家伝では「武蔵七党のうち、畠山重忠が党にして、武蔵国児玉郡大関村に住せしにより家号とす」というから、陸奥の浄法寺氏とも関連出てきそうです。

https://youtu.be/VA1b9nhRkZQ

Yjimage

「BIGLOBE WiMAX 2+」キャンペーン実施中


« 古道具 | トップページ | 手引きろくろの椀を発掘 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 古道具 | トップページ | 手引きろくろの椀を発掘 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31