« 白鹿  | トップページ | 古民家の田舎暮らし山下亭 »

2018年9月17日 (月)

一汁一菜椀が江戸に嫁ぐ

青森県の南部、名久井岳周辺の修験道場で貸し出していた椀です。

修行者に貸し出したようです。

骨董に詳しい人から教えていただきました。

正式な歴史に残っていないことでも、合理的に説明できることが真実かもしれません。

このままでも使えそうですので、使っては乾いた布で拭いて欲しいです。

数年後にはきれいな時代椀に成長すると思います。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b336034696

Imgp1449_2

時代椀 朱 浄法寺塗 浄法寺漆器 【受注生産】 お椀 民芸 民藝 きょうの料理

価格:12,960円
(2018/9/17 16:24時点)
感想(1件)


« 白鹿  | トップページ | 古民家の田舎暮らし山下亭 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一汁一菜椀が江戸に嫁ぐ:

« 白鹿  | トップページ | 古民家の田舎暮らし山下亭 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31