« 井戸形伊羅保茶碗 | トップページ | 台風はどこを通るのか »

2018年9月 4日 (火)

南部藩士由緒記

「南部藩士由緒記」 (平成30年3月3日)


浄法寺氏の祖は桓武平氏秩父流畠山氏、畠山重忠の三男、阿闍梨重慶が祖と伝わっている。

重慶ほかの畠山氏については、二戸浄法寺を始め、秩父地方、能登地方など各地に伝説が残る。

『南部藩士由緒記』
畠山重忠と太郎重保が、奥州の戦功によって頼朝から二戸郡を受けたとする。
その後この地を継いだのは二男であるが、この嫡子が死んだため、
鎌倉浄法寺で出家した者が還俗してこの家を継いだ。

こちらの資料では二男が継いだと書かれている。
この嫡子が亡くなり、鎌倉の浄法寺にいた一族が還俗して浄法寺家を継いだ。
現在は、鎌倉に浄法寺という寺は存在しない。
この資料から想像されることは、浄法寺一族に仏教に関係した人物がいたと言うことだ。
もしかしたら、天台寺の庇護者だった可能性は捨てきれない。
あるいは、漆で勢力を拡大したかもしれない。

群馬や福井、鎌倉など、仮説を立ててしらべたいです。
問題はやっぱり費用ですね。

https://youtu.be/TU-t99g2c_E

His_j9



« 井戸形伊羅保茶碗 | トップページ | 台風はどこを通るのか »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部藩士由緒記:

« 井戸形伊羅保茶碗 | トップページ | 台風はどこを通るのか »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31