« 駅弁の魅力世界へ 一関・斎藤松月堂 パリで限定販売 | トップページ | 桃川のカップ酒 »

2018年9月23日 (日)

堅手耳盃、黄瀬戸平盃、刷毛目徳利

知人宅で捨てるという本を何冊か引き取りました。

その中に「小さな蕾」が何冊か混じっていました。

堅手耳盃、黄瀬戸平盃、刷毛目徳利の画像が目に入りました。

見ているだけで心が和みます。

紙面で紹介されてませんが、角切盆の枯れ具合が素敵です。

毎日洗って、布で拭き続けると、本当に素敵な盆に育ちます。

そう考えながら、漆器を拭いています。

http://airinjuku.blog.fc2.com/

Rimg0002


« 駅弁の魅力世界へ 一関・斎藤松月堂 パリで限定販売 | トップページ | 桃川のカップ酒 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堅手耳盃、黄瀬戸平盃、刷毛目徳利:

« 駅弁の魅力世界へ 一関・斎藤松月堂 パリで限定販売 | トップページ | 桃川のカップ酒 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31