« たかの井 | トップページ | 矢羽根で南部美人 »

2018年11月19日 (月)

漆蠟 その2

江戸期の盛岡藩内では漆蝋が生産され、藩にとっても貴重な産物の一つであったことはよくわかる。

しかし、集めた漆の実をどこで、どのように絞って蝋を作り、これを原料にして何を、どれくらい作ったのかなどはまだ解明されていないことも多い。

史料には、盛岡城下に住んでいた藩お抱え蝋燭師の名前も記録に残っている。

おそらく漆蝋を原料に蝋燭が作られ、城内や武家屋敷での照明として用いられたと思われる。

このほかに祭礼や祈願などの際、藩内の主な社寺への奉納物としても蝋燭は珍重されていた。

明治10(1877)年に来日し、大森貝塚の発見者としても有名なアメリカの動物学者エドワード・S・モースは、日本滞在中に各地を旅行しその記録を『日本その日その日』(平凡社、東洋文庫)として残した。

彼は明治11(1878)年8月20日頃に現在の二戸市福岡を通過するが、そのときの印象を次のように書きしるしている。

一軒の家の前を通った時、木の槌を叩く大きな音が私の注意を引いた。この家の人々は、ヌルデの一種の種子から取得する、植物蝋をつくりつつあった。この蝋で日本人は蝋燭をつくり、また弾薬筒製造のため、米国へ何トンと輸出する。

(中略)

ここ北日本でも同国の他の地方と同じように、この蝋をつくる。先ず種子を集め、反槌で粉末にし、それを竈に入れて熱し、竹の小割板でつくった丈夫な袋に入れ、この袋を巨大な材木にある四角い穴の中に置く。次に袋の両側に楔を入れ、二人の男が柄の長い槌を力まかせに振って楔を打ち込んで、袋から液体蝋をしぼり出す。すると蝋は穴の下の桶に流れこむこと、

岩手県北地方での本格的な漆蝋生産は大正末期までだったらしい。

水力発電所ができて新しい照明の時代になったこと、西洋ローソクの普及が衰退の理由である。

江戸期の浄法寺では、この和蝋燭の炎で漆器に文様を付ける技法があった。この技法は、西洋蝋燭だと上手くいかないらしい。

蛇足ではあるが、エドワード・S・モースが日本滞在中に住んでいた家の数件隣に、若き日の田中舘愛橘が住んでいた。

もしかしたら、エドワード・S・モースの東北旅行も、愛橘博士の影響があったのかもしれない。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

040_01

« たかの井 | トップページ | 矢羽根で南部美人 »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漆蠟 その2:

« たかの井 | トップページ | 矢羽根で南部美人 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31