« 栃木県那珂川町の浄法寺舘 | トップページ | 相馬焼の茶碗 »

2018年12月18日 (火)

陣場台熱球録 第40話

昭和2年の夏の甲子園大会に出場した福岡中学は、敬遠満塁策を成功させ観客を驚かせた。

昭和2年夏の東北大会を制したのは、岩手の北僻にある福岡中学。 全校生徒200人の小さな中学校。

しかし、ベスト8に進出して球聖と言われた飛田穂州を驚かせました。
この大会で優勝した高松商業に延長11回で0-1で惜敗。

圧巻だったのは、高松商業9回裏の攻撃。

1死二塁で福岡バッテリーの選択は敬遠満塁策。 二人を歩かせ1死萬塁。

次打者の2球目を外角高めに外し、三塁走者の水原茂を挟殺。

続く者を三振に打ち取りピンチを凌いだのであった。

試合には敗れたが、飛田穂州は最大限の賛辞を送り健闘を称えた。
この活躍が認められて、昭和3年の春に選抜された。

予算不足で選抜を辞退したが、後世に伝えたい快挙であった。

http://www.airinjuku.com/index.html

040


« 栃木県那珂川町の浄法寺舘 | トップページ | 相馬焼の茶碗 »

陣場台熱球録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陣場台熱球録 第40話:

« 栃木県那珂川町の浄法寺舘 | トップページ | 相馬焼の茶碗 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31