ウェブページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

2018年12月13日 (木)

浄法寺氏を考える

浄法寺氏について興味深いサイトを見つけました。


http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/keijiban/johouji1.htm


室町~戦国期の陸奥の大族浄法寺氏は、二戸郡浄法寺郷に居り岩手県北部の安比川流域(現二戸市浄法寺町一帯)を押さえ、一族に松岡、田山、寺田などの諸氏を出したが、その出自については、畠山次郎重忠の後裔と伝える(『奥南旧指録』)。

この解釈として、重忠の末子、大夫阿闍梨重慶の遺児(太郎重基?)が陸奥国二戸郡に逃れて在地の土豪となり、室町時代前期の応永中に、南部守行に属したとされる。しかし、阿闍梨重慶の遺児説には大きな疑問があり、むしろ重忠弟の六郎重宗の後裔かと疑う説(『郷村記』)もあるなど、これまで諸伝が見える。
 
そこで、資料に基づいて考え直してみると、苗字の地たる浄法寺が上野国緑野郡にもあること(藤岡市浄法寺。旧緑野郡鬼石町)に留意される。

それが、緑野郡高山御厨(藤岡市南部の鮎川一帯)に起った秩父同族の高山党の勢力圏にあって、高山(藤岡市高山)と山地を挟んで南隣に位置し、神流川の中流西岸にある平地である。

畠山重忠の大叔父で高山党の祖となる高山三郎重遠は、秩父権守重綱の子、太郎大夫重広(重忠の祖父)の弟であり、その子・栗須四郎有重は栗須(藤岡市の上・中・下の栗須一帯。高山から東北方)に住み、その子には小林次郎重兼、小林三郎重清の兄弟がいた。

兄弟は、栗須から南方近隣の神流川下流部北岸にある同郡小林郷(藤岡市小林)へ移って小林を号し、重清の子の三郎二郎重保が神流川を遡って西南方に進んで浄法寺に住み、浄法寺氏の祖となった。

こうした動きは、和歌山県那智勝浦町の那智大社の文書(『熊野那智大社文書』)にある「小林系図」から分かることである。

この系図は、『新編埼玉県史』別編4(年表・系図)にも所収となっており、それに拠ると、重保の子の「重行(弥二郎、法名行蓮)-重員(弥三郎、法名行心)-重直(小二郎、法名行妙)-景重(弥二郎)-季重(弥三郎)」と嫡系が続いており、これが実系であるとすると、景重が建武頃、その子の季重が応永頃に活動したことになり、奥州浄法寺へ移り住んだのはこの親子か近親一族であって、その末裔が陸奥の浄法寺氏だろうとみられる。


http://www.airinjuku.com/


Images


浄法寺つながり

浄法寺つながりで栃木県那珂川町を調べています。

浄法寺氏がいたようですね。

漆掻きを生業としている方もいるようです。

黒羽藩の家老に浄法寺某がいました。

松尾芭蕉の知り合いだったようです。

岩手の浄法寺とはつながらないようです・・・・。

畠山重忠ともつながるようですので、調べてみたい気もします。

Img_0_m


2018年12月12日 (水)

「のへりん」

金田一温泉駅前にある藤萬菓子店。

「のへりん」という不思議な名前のお菓子があります。

由来は「にのへのりんご」からのようです。

りんごの形で可愛らしいですよね。

米粉の皮で包まれているのはりんご餡で、食べてみると、和菓子のような洋菓子のような不思議な食感。

甘酸っぱいりんご餡が美味しいんですよ。

金田一温泉をよろしく!

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Img_0_m


2018年12月11日 (火)

コーヒーミル収集

心惹かれるコーフーミルをヤフオクで発見。

何でも集めたい病が出そうです。

手挽きのミルで、美味い珈琲を淹れるのは難しいです。

40年前には、隣町に名人がいたんですが、既に亡くなっているようです。

コンビニの珈琲は確実に美味くなっていますが、やはり喫茶店文化は懐かしいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Img_0_m_2


2018年12月10日 (月)

宿坊復活願う

浄法寺漆器に重大な位置を占めると思われる天台寺。

その入り口とも言うべきなのが桂清水。

昭和40年代の荒れ放題だった姿を知っています。

その時から見れば、一見すると復興しているように見えます。

しかし、信仰まで復活したかどうかは疑問です。

宿坊が復活すれば面白いですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Img_0_m


2018年12月 9日 (日)

いかおぼろ弁当

昭和40年代の駅弁資料です。

函館駅「ミカド」です。

昭和40年代と思われます。

150円の値段が時代を感じます。

掛け紙コレクションは楽しいです。

Iimg1200x90015406258844lprii41331


2018年12月 8日 (土)

ピンナップス

たぶん中学生の頃の話。

当時の日本ではほとんど前例が無かった女の子だけのロック・バンドに「ガールズ」がある。

たぶん下着姿で歌う米国のガールズ・バンド「ランナウェイズ」がお手本である。

このメンバーで最も有名なのがイリア。

後にジューシイフルーツで活躍。

そんで探しているのが、ガールズのボーカルのリタが解散後に参加したピンナップスのレコード。

やっと見つけました。

うれしいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

Img_0_m

2018年12月 7日 (金)

デビー・ブーン

中学生の頃、ラジオからよく流れていたのがデビー・ブーンでした。

記憶に間違いがなければ全米ナンバーワンヒットを記憶したはずです。

当時は購入できなかったのですが、社会人になってから中古レコードを購入。

そのレコードを引っ張り出して久しぶりに聴きました。

当時の情景が浮かんできます。

体調が良ければ、当時の仲間と飲みたいですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

Img_0

2018年12月 6日 (木)

朱塗多様椀

倉庫から出てきました。

10年以上保管されていました。

一つあると何かと便利です。

色も落ちついた朱色。

是非お使いください。

httphttps://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l490061456s://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l490061456

Iimg640x4801544012801fxsbmc995386

2018年12月 5日 (水)

福島邦子

就職して初めて買ったレコードです。

昭和56年7月です。

何度も繰り返して聞いたものです。

いま聴いても新鮮です。

現在も活動しているようですね。

ライブで聴きたいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinokumeet

Img_0_m

福島邦子ザ・ベスト

中古価格
¥7,000から
(2018/12/5 07:01時点)


2018年12月 4日 (火)

久慈高校長内校

なぜか久慈高校長内校の50周年記念誌があります。

平成11年発行の記念誌です。

地域の歴史資料にいかがでしょうか。

必要な方にお譲りします。

気軽にお問い合わせください。

Iimg1024x7681538191679uip0ok162616

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/325638790


2018年12月 3日 (月)

かまわん はいれ

江戸の蕎麦屋で見られた判事絵。

鎌と椀が書かれています。

かわまん はいれ

だそうです。

座布団3枚ですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Img_0_m


木地が品薄

ちょっと前の鉄鉢椀が意外と人気です。

塗り直しをすると、新品以上の仕上がりになります。

そろそろ古い木地の在庫がなくなりそうです。

もっと欲しいという方も多いので、なんとか発掘します。

食卓が豊かになるとの言葉をいただいて、とても励みになります。

Iimg1024x7681541853721tjrrv62050172


2018年12月 2日 (日)

小林一茶と蕎麦

 俳人として知られる小林一茶の故郷は、信濃国水内郡柏原村で、黒姫山の麓の雪深い里である。

この地域は、良質のソバが生産されることでも有名で、十五才で江戸の奉公に出るまでの一茶は、秋にはあたり一面に咲く白いソバ畑を見て育ったと思われる。

 50歳を過ぎてから故郷に戻り、1829年に65歳の生涯を終えている。

蕎麦を詠んだ句も残されている。

○「そば所と人はいふ也赤蜻蛉」

 文化4年(1807)の句である。

 蕎麦の花が咲きだすと実に多くの虫たちが飛来する。白い花々にはどの昆虫も似合っているが、なかでも白い花の高見に留まり、ときに低空に飛ぶ赤とんぼとの風景は格別である。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

B0275715_23173228


会津もの

古椀コレクションの中で、生産地が解らなかった椀。

ヤフオクに出ていました。

会津ものということが判明です。

たしかにしっかりした作りで、長く使えそうです。

今夜は、このお椀で豚汁いただく予定です。

熱い汁物は、漆器が良いですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

Iimg600x4001543107733wozfzg6227191


2018年12月 1日 (土)

『元気です。』(

レコード整理中。

ダブったレコードをヤフオク出品しています。

いつのまにか「ゆうメール」サービスがレコードに対応しなくて料金が大幅値上げです。

さて、このレコードには名曲が収録されています。

何が名曲かはそれぞれ違いますが、視聴したら懐かしくて昭和の時代が蘇ります。

やっぱりレコードは良いですね。

『元気です。』(げんきです。)は、1972年7月21日に吉田拓郎(当時はよしだたくろう)がリリースしたオリジナル・アルバムである。吉田拓郎のアルバムとしては最高のセールスを記録しているとのこと。

発売された時は10才だったんですね。

46年前です。

Rimg0002



梨地椀

八戸藩関係者が所有していた椀です。

浄法寺で作られたものかどうかは不明です。

形も技法もなかなかです。

ヤフオク出品中です。

ぜひ使ってみてください。


Iimg640x4801542346817jmpd5b117404_3



« 2018年11月 | トップページ