« 浄法寺つながり | トップページ | 滋賀県の不老泉 »

2018年12月13日 (木)

浄法寺氏を考える

浄法寺氏について興味深いサイトを見つけました。


http://wwr2.ucom.ne.jp/hetoyc15/keijiban/johouji1.htm


室町~戦国期の陸奥の大族浄法寺氏は、二戸郡浄法寺郷に居り岩手県北部の安比川流域(現二戸市浄法寺町一帯)を押さえ、一族に松岡、田山、寺田などの諸氏を出したが、その出自については、畠山次郎重忠の後裔と伝える(『奥南旧指録』)。

この解釈として、重忠の末子、大夫阿闍梨重慶の遺児(太郎重基?)が陸奥国二戸郡に逃れて在地の土豪となり、室町時代前期の応永中に、南部守行に属したとされる。しかし、阿闍梨重慶の遺児説には大きな疑問があり、むしろ重忠弟の六郎重宗の後裔かと疑う説(『郷村記』)もあるなど、これまで諸伝が見える。
 
そこで、資料に基づいて考え直してみると、苗字の地たる浄法寺が上野国緑野郡にもあること(藤岡市浄法寺。旧緑野郡鬼石町)に留意される。

それが、緑野郡高山御厨(藤岡市南部の鮎川一帯)に起った秩父同族の高山党の勢力圏にあって、高山(藤岡市高山)と山地を挟んで南隣に位置し、神流川の中流西岸にある平地である。

畠山重忠の大叔父で高山党の祖となる高山三郎重遠は、秩父権守重綱の子、太郎大夫重広(重忠の祖父)の弟であり、その子・栗須四郎有重は栗須(藤岡市の上・中・下の栗須一帯。高山から東北方)に住み、その子には小林次郎重兼、小林三郎重清の兄弟がいた。

兄弟は、栗須から南方近隣の神流川下流部北岸にある同郡小林郷(藤岡市小林)へ移って小林を号し、重清の子の三郎二郎重保が神流川を遡って西南方に進んで浄法寺に住み、浄法寺氏の祖となった。

こうした動きは、和歌山県那智勝浦町の那智大社の文書(『熊野那智大社文書』)にある「小林系図」から分かることである。

この系図は、『新編埼玉県史』別編4(年表・系図)にも所収となっており、それに拠ると、重保の子の「重行(弥二郎、法名行蓮)-重員(弥三郎、法名行心)-重直(小二郎、法名行妙)-景重(弥二郎)-季重(弥三郎)」と嫡系が続いており、これが実系であるとすると、景重が建武頃、その子の季重が応永頃に活動したことになり、奥州浄法寺へ移り住んだのはこの親子か近親一族であって、その末裔が陸奥の浄法寺氏だろうとみられる。


http://www.airinjuku.com/


Images


« 浄法寺つながり | トップページ | 滋賀県の不老泉 »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浄法寺氏を考える:

« 浄法寺つながり | トップページ | 滋賀県の不老泉 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31