« 浄法寺氏を考える | トップページ | 鹿児島からきた八戸藩・9代藩主南部信順 »

2018年12月14日 (金)

滋賀県の不老泉

工芸品関係で知り合った方から、滋賀県の不老泉を紹介されました。

琵琶湖のほとりの美味い酒のようです。

轆轤文化の調査で行って見たい地域です。

それまでに、知識を身につけたいと思います。

以下紹介文です。

上原酒造はびわ湖の西岸、新旭町にあります。年間生産高が500石ほどの小さな酒蔵ですが、酒に対するこだわりは全国の酒蔵の中でもとび抜けています。

こだわりの大黒柱は山廃仕込みです。上原酒造の山廃仕込みは酵母添加をしません。 他の蔵で当然のこととして行われていいる、人工的に培養された酵母を添加するという手法を一切使わず、蔵付酵母(天然酵母)が自然に酒母に入り育つのを、ゆっくり待ちます。

酒造りをご存知の方にこの話をすると「えっ!?」と驚かれるのですが、本当なのです。 今どき、こんな手間のかかることをしている蔵があるのですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

https://blogs.yahoo.co.jp/michinoku2005

« 浄法寺氏を考える | トップページ | 鹿児島からきた八戸藩・9代藩主南部信順 »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県の不老泉:

« 浄法寺氏を考える | トップページ | 鹿児島からきた八戸藩・9代藩主南部信順 »

ウェブページ

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31