« 八戸銀サバトロづけ丼5位入賞 | トップページ | けやぐ »

2019年1月30日 (水)

岩手の話題 凍み大根

寒風の恵み 岩手で凍み大根作り
1/30(水) 8:33配信 岩手日報

 29日の県内は、冬型の気圧配置の影響で曇りや晴れとなった。西和賀町沢内字両沢の農業中村一美さん(74)方では、雪原の中に並ぶ凍(し)み大根が趣ある厳冬風景を織りなしている。

 雪が1・4メートルほど積もる田んぼで、組んだ木に約1200本の大根が整然と連なる。生で寒風にさらすのが特長で、冷凍と解凍を繰り返すとうま味が凝縮される。2月下旬まで外気に当てた後、乾燥機で仕上げる。

 雪が舞う中で出来具合を確かめた中村さんは「西和賀の冬の食文化を絶やさず、後世につないでいきたい」と思いを語る。


P1200225300x225

https://youtu.be/r5JFCFl5M0M


« 八戸銀サバトロづけ丼5位入賞 | トップページ | けやぐ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手の話題 凍み大根:

« 八戸銀サバトロづけ丼5位入賞 | トップページ | けやぐ »

ウェブページ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31