« 支那そば 幸道 | トップページ | 南部町 けやぐ »

2019年1月 9日 (水)

古椀の修理完了

浄法寺モノではありませんが、山口県の方から古椀の修理依頼がありました。

実物を見た瞬間、塗り直しても使って欲しい椀でした。

基本が良い椀だったので、はがれた部分を軽く削り、全体の塗り直しをしました。

約30日で仕上がりました。

正月に間に合ったと思いますが、使っていただけたか、ちょっと不安です。

漆器を扱いにくい器と考える方もいますが、本当の漆器は普段使いに問題ありません。

長時間、水に浸けなければ問題ありません。

熱い汁物は、間違いなく漆器で食べて欲しいです。

修理後の写真を取り忘れたので、修理状況はお伝えできません。

ぜひ、食卓に漆器をご利用下さい。


依頼者からのメッセージです。

お椀はお雑煮に使わせていただきました。
見栄えが良く、美味しそうに見えました。
我が家では、出汁に牡蠣を使い塩・醤油の味付け、餡入りのお餅で雑煮を作ります。
お餅は臼と杵でつき、その時餡入りのお餅も作ります。
他所の人達にはこの組み合わせは想像できないようですが、美味しいです。

これからもしっかり使わせていただきます。
ありがとうございました。

https://youtu.be/Z9KCM7FhzkA

« 支那そば 幸道 | トップページ | 南部町 けやぐ »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古椀の修理完了:

« 支那そば 幸道 | トップページ | 南部町 けやぐ »

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30