« 衣更(きぬがえ) | トップページ | 串揚げ居酒屋 一生 »

2019年1月13日 (日)

ご飯と飯の違い

江戸っ子は「ご飯」と「飯」を使い分けていたようです。

違いが分かりますでしょうか。なんにしても、江戸っ子は、米が大好きです。
米ばっかり食べるものですから、脚気にかかる人が続出だったそうです。
江戸から引っ越すと、脚気が改善したものですから、別名を江戸病(えどわずらい)とも言ったそうです。

江戸では、精米された白米を食べる習慣が広まり、将軍をはじめとした上層武士にもこの病気が流行しています。領地では貧しく、白米を食することのできなかった地方武士も、江戸勤番では、体面上白米を主食としたため、江戸在住期間が長引くと、この病に罹る例が多くでました。故郷に帰るとコロリと治ることより、「江戸わずらい」と言われ恐れらたそうです。

さて、ご飯と飯の違いです。炊き立てのものが「ご飯」で、それ以外が「飯」です。つまり、冷たいご飯というものは、あり得なかったのです。

かんたんでしたか?。

https://youtu.be/w47oLlfhfuU


Img_0_1


« 衣更(きぬがえ) | トップページ | 串揚げ居酒屋 一生 »

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご飯と飯の違い:

« 衣更(きぬがえ) | トップページ | 串揚げ居酒屋 一生 »

ウェブページ

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31