« 漢字 | トップページ | 四国の古椀 »

2019年2月26日 (火)

ソ連

江戸研究家の杉浦日向こさん。

蕎麦関係の書籍もありましたね。


ソバ屋で二八、外一(九一)とはなんであるか。

ソバにおける小麦粉とソバ粉の割合のことである。

二八には、ソバ粉が八割、小麦粉が二割の内二八と、ソバ粉十に対してその二割の小麦粉を混ぜる外二八がある。

ソバ粉に混ぜる小麦粉のことを「つなぎ」または「割り粉」という。

最近の自家製粉・手打ちを看板とするソバ屋では、生粉(きこ)打ち(ソバ粉十割)や外一(つなぎ一割以下)のソバが増えてきている。   

そんな彼女が気に入っていたのが古式浄法寺椀。

浄法寺地方の独特な椀です。

昼は、そんな椀で蕎麦をいただきました。

夏をめどに生産予定です。

使ってみてください。

Img_0_m_1

http://www.geocities.jp/michinokumeet/joboji/joboji-top.html




« 漢字 | トップページ | 四国の古椀 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ連:

« 漢字 | トップページ | 四国の古椀 »

ウェブページ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30