« 久慈城の当主久慈直治 | トップページ | 10年前の風景 »

2019年3月18日 (月)

白洲正子に渡った皿

浄法寺地方の旧家で使われていた絵皿です。

保存状態も良く、実用可能な品物でした。

古伊万里の皿と交換しましたが、その後に白州正子の手に渡ったとの噂です。

本当かどうかは不明です。

塗もしっかりして、なんとも独特の雰囲気がありました。


Img_0_1

かくれ里愛蔵版 [ 白洲正子 ]

価格:3,240円
(2019/3/17 10:47時点)
感想(1件)


« 久慈城の当主久慈直治 | トップページ | 10年前の風景 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白洲正子に渡った皿:

« 久慈城の当主久慈直治 | トップページ | 10年前の風景 »

ウェブページ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30