« 江戸の塗師絵図 | トップページ | 書店応援 »

2019年3月 5日 (火)

漆産地の変遷

正倉院文書には、奈良時代の漆の産地として陸奥、上野があり、また出雲では島根、秋鹿、楯縫、神門の四郡が産地であることが出雲風土記に記されている。

古くからの産地を調べると、漆の増産は可能だと思いますが、どのように換金するかが大切です。

産地の変遷

150218093455




« 江戸の塗師絵図 | トップページ | 書店応援 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漆産地の変遷:

« 江戸の塗師絵図 | トップページ | 書店応援 »

ウェブページ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30