« 卵かけごはんが食べられて幸 | トップページ | 江戸の塗師絵図 »

2019年3月 5日 (火)

宮崎県西米良村

宮崎県西米良村の東端の小川地区はかつて菊池の殿様・米良領主が城を構えられた歴史ある場所です。

現在人口約 100人で高齢化率約65%の集落。

地区民総出で平成21年(2009年)10月に立ち上げたのが『おがわ作小屋村』。

『平成の桃源郷』を目指して、西米良独特の文化『作小屋』を再現したものです。

ここにも漆の伝説が残っています。

かつては宮崎も漆の産地でした。

菊池一族の伝説も良いですね。


https://www.youtube.com/watch?v=Ux0bbrb_fws



« 卵かけごはんが食べられて幸 | トップページ | 江戸の塗師絵図 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県西米良村:

« 卵かけごはんが食べられて幸 | トップページ | 江戸の塗師絵図 »

ウェブページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31