« 全国の浄法寺 | トップページ | 真夏の漆木 »

2019年3月17日 (日)

お気に入りの収集品

一般的に「南部椀」と言われるものです。

二戸地方の旧家(南部藩士)で使われていたものです。

塗りは浄法寺、絵付けなどは盛岡で行ったものです。

程度も良い状態で残されている一品です。

南部藩領内では浄法寺椀ともいわれ、秀衡椀との関連が謎とされています。

Img_0


0237 花紋の細かい描写が面白いそば猪口◆染付/江戸中期~後期頃/手描き【中古】骨董☆アンティーク瀬戸物*1個の販売価格です。

価格:1,400円
(2019/3/17 10:40時点)
感想(0件)


« 全国の浄法寺 | トップページ | 真夏の漆木 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りの収集品:

« 全国の浄法寺 | トップページ | 真夏の漆木 »

ウェブページ

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31