« にのへの新名物 | トップページ | ヤフーサービスが終わっていた »

2019年4月 1日 (月)

朝顔型蕎麦猪口

仙台市の方から漆器の修理を依頼されました。
蕎麦猪口として使われていたものです。
朝顔形の良い形状です。
産地は不明ですが、技法からすると「輪島」かと思われます。
依頼人は「浄法寺漆」での修理を希望とのこと。
程よい大きさで、蕎麦猪口の他にも、マグカップ的な使い方も良いですね。
古い漆器は、未来へのヒントを与えてくれます。
Img_0_1



« にのへの新名物 | トップページ | ヤフーサービスが終わっていた »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にのへの新名物 | トップページ | ヤフーサービスが終わっていた »

ウェブページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31