« プリンターのインク | トップページ | 岩手の伝統工芸をフランスで発信 »

2019年4月11日 (木)

一戸 御所野縄文遺跡

カシオペア地域内の一戸町。
漆も昔から産出します。
むしろ浄法寺よりも漆の木が多かったかも?。

そんな一戸町の御所野遺跡が世界遺産に登録されるかも!!。
ぜひ応援したと思います。

それに関する7年ぐらい前の新聞記事が出てきました。
子供のころの教育で、縄文=遅れた文化、弥生=進んだ文化という歴史観で教えられました。

でも、ある時の授業で「本当にそうだったかどうか、自分で調べてみなさい」と言ってくれた先生が居ました。
専門的に調べたわけではありませんが、縄文に関する本を読むうちに、縄文のほうが先進文化かもしれないと思うようになったのです。

世界遺産になろうとなるまいと、縄文文化の素晴らしさは変わりません。
漆も縄文文化の遺産だとも思っています。

ぜひ、青森~岩手の縄文文化に触れてください。

カシオペア歴史研究所

0404021

月と蛇と縄文人

新品価格
¥1,944から
(2019/4/11 08:37時点)

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

« プリンターのインク | トップページ | 岩手の伝統工芸をフランスで発信 »

二戸地方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリンターのインク | トップページ | 岩手の伝統工芸をフランスで発信 »

ウェブページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31