« 寂聴饅頭はどうなった? | トップページ | 束熨斗紋様 »

2019年4月25日 (木)

若手塗師が転職しました

県内某所の漆器製造所。

若手塗師が転職したとの連絡がありました。

残念ですが、ほかの仕事をした方が高収入な場合があります。

本来は、分業で仕上げることの多い漆器ですが、この頃は作家としての塗師を求める傾向にあります。

そうすると、その作家本人の価値は高まりますが、一人に利益が集中してしまいます。

それはそれでいいのですが、そうすると作家として世に出る人は、とても狭い門になりかねません。

難しい問題ですが、漆器の消費拡大が一番の解決策だと思っています。

その対策の一つで、無理直しを勧めています。

塗りなおせば新品です。

既に漆を吸っているので、塗りなおすほどに器として完成していきます。

そのあたりのことを原稿に書いています。

電子書籍で出版したいと思います。

04040436

 にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村>

ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

« 寂聴饅頭はどうなった? | トップページ | 束熨斗紋様 »

漆芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寂聴饅頭はどうなった? | トップページ | 束熨斗紋様 »

ウェブページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31