« 変わったお椀 | トップページ | 80年前の浄法寺 »

2019年4月12日 (金)

朽木文様

浄法寺地方にも朽木文様と区別がつかない盆が伝わっています。

遠く離れた地域で同じようなものが伝わっているのも不思議です。

漆器の伝播にもかかわりがあるかもしれませんね。

どの文献にも、そのことを書いているのを見たことがありません。

このお盆で、熱い蕎麦を運んでもらうと美しいですよね。

お気に入りの酒なども運んでほしいです。

生活様式の変化で、お盆はあまり使われなくなりましたが、あれば便利な道具です。

ふるいお盆を発掘したいです。

朽木盆は今でも作られています。

機会があれば使ってみてください。

https://airinjuku.jp/

0404023

 

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村

浄法寺漆器工芸企業組合 岩舘隆 浄法寺塗 浄法寺椀(小)朱 【国産漆100%仕様】 お椀 民芸 民藝 きょうの料理 漆器

価格:10,800円
(2019/4/12 19:09時点)
感想(1件)

« 変わったお椀 | トップページ | 80年前の浄法寺 »

骨董」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変わったお椀 | トップページ | 80年前の浄法寺 »

ウェブページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31